2016年05月16日

【平成28年大相撲夏場所・九日目速報】見苦しい、白鵬の「エルボー」気味のかち上げは、横審あたりで議題にしてもらえないものか…元黒瀬川の桐山親方は定年ですか、お疲れ様でした

私事ですが、うちの中三の娘が
明日から修学旅行でして、私も
明日は4時半起きとなります。

よって、今日は、様々な作業を
前倒しで行ってまして、大相撲
観戦も久々に16時あたりから
行いました。

よって、前半の取組から少し
見ていきたいと思います。

まず、遠藤からですが…。

ちょっと太りましたかね?

今日は佐田の海に逆転負けを
食らいましたが、体は動いて、
攻めていました。

前回、先々場所くらいでしょう
か、最後に見たときよりは、
ずっと体が動けていましたよ。

だいぶ、状態は戻ってきたん
じゃあないですか。

その遠藤と明日対戦する御嶽海は、
実力者の栃ノ心相手に、押し相撲に
徹して、堂々、押し倒しました。

昨日は、栃煌山にも勝ったんでしょう?

力を付けてきていますよ。

たまに、前半の相撲を見ると、
こういった「発見」があるから
いいですね。

さて、後半の取組では、何と言っても
全勝の稀勢の里と、一敗の豪栄道の
対戦でしたが、やっぱり、稀勢が
一枚上でした。

立ち合い、左を差し込んだ稀勢は、
前に出る圧力がすごかったですよ。

豪栄道は、「押し負け」ましたなあ。

体が横を向いてしまいましたからね。

稀勢、送り出しで全勝を守りました。

個人的には、もう、横綱にしても
何の問題もないかと思いますが、
優勝が求められる現状も分かって
います。

もう一人の全勝、白鵬の相撲に
ついても一言。

対戦相手は勢でした。

その立ち合い、白鵬、左から張って、
右からかち上げという、最近の「ワン
パターン」の攻めで当たったら、勢、
脳震盪気味に倒れてしまった。

何度でも言いますが、こんなの、
相撲ではありません。

解説の北の富士さんは「反則じゃ
ないからねえ」と語っていましたが、
「反則スレスレ」ですよ、これ。

場所後にでも、横審あたりで議論に
してもらえないものか。

北の富士さんの言うように、反則
ではないにしても、見苦しいし、
「土俵を汚されている」ような
嫌悪感を覚えますね。

今日は、定年を迎えた元黒瀬川の
桐山親方が向正面の解説をして
いましたが、「相撲は、興行で
あり、スポーツであるが、神事
でもある」旨の発言をしていました。

「神事」の場に、「エルボー」気味の
かち上げは、やっぱり、相応しくない。

この桐山親方の発言を、白鵬はどう
思うのだろうのか。

結局のところ、「勝てばいい」と
いうマインドが何より勝っている
ところが問題なんですよ。

それをモンゴル人の横綱に教え
られる人材は…。

いないんだろうなあ。

あえて言えば、貴乃花親方くらいか。

大鵬さんの優勝回数を超えられる
と、どんな親方でも白鵬に苦言を
呈するのは難しいであろうことは
分かる。

ましてや、相撲界が困難な時に、
一人横綱で協会を守った貢献度は、
私が言うまでもなく、計り知れない。

ですが、ここのところの白鵬は、
ちょっとおかしくなっています。

人間は、30歳を過ぎると、変わる
ものです。

それは、横綱であっても同じ
でしょう。

だからこそ、白鵬の「エルボー」を
始めとした、「神事」の面を無視する
やりたい放題の土俵は、なんとか
しなけらばならないというのは、
相撲ファンの共通する認識だと
私は思っています。

どこかで歯止めをかけなければ、
土俵が完全に荒れ果てますよ。

…長くなってしまいました。

最後に、先程、ちょっと話題が
出た元黒瀬川の桐山親方について
一言。

やっぱり、私が少年の頃、相撲を
見始めた頃の力士が、毎場所の
ように定年を迎える時期なんです
ねえ。

黒瀬川の印象は、私はあまり
強くありません。

「上位に上がると、弱い力士」
という印象しかありませんが、
考えてみれば、ほとんどの力士
はそうなんですよね。

「あの力士は強かった」という
力士の方が少ないわけです。

しかし、引退後も桐山親方として、
相撲協会に大いに貢献して下さった
ことは間違いなく、これはやっぱり
敬意を表さなければ、バチが当たり
ます。

「お疲れ様でした」と言いたい
ですね、桐山親方には。


*希少品です! ↓ 

史料集成江戸時代相撲名鑑 [ 飯田昭一 ]
価格:75600円(税込、送料無料)


posted by あらやまはじめ at 12:25| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白鵬については、もうあちこちで言われ、書かれていますね。
私も、誰がこの人を諭せるのか知りたいです。相撲が他の競技になってしまいます。

負けたことがある相手にはダメ押し。
苦手な相手には猫だましや変化。
傷心の後は仕返し(勢と豪栄道はあの大阪出身)。
加えて。
プロレス技のエルボに顔面パンチ、これは相撲のかちあげや張り手ではない。

理事長は、土俵の充実といいます。
でも土俵はゴングではありません。
そこは、人を傷つけるための場所ではありません。

日馬富士だって鶴竜だって、まともに真面目にとっています。だからたまに負けるのです。白鵬はずるく汚い取り口が頻発。そりゃ、勝ちますよ。

相撲を愛する者の代表して、あらやまさんは、勝った者勝ちやった者勝ちを見逃さないで、大勢の他の力士を、相撲を守って下さい。


Posted by n/e at 2016年05月20日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村