2016年05月02日

千賀ノ浦部屋が貴乃花一門へ移籍、この流れは止められませんよ…そもそも、旧二子山勢の元関取は多いわけですから

今日のサンケイスポーツの七面に
興味深い相撲記事が載っていま
した。

出羽海一門の千賀ノ浦部屋が、
貴乃花一門へ移籍すると。

前の千賀ノ浦親方は元小結の
舛田山でしたが、春場所の
ゲスト解説で「お別れの挨拶」
に来たように、先頃、定年を
迎えました。

新たに千賀ノ浦親方となった
のが、元小結の隆三杉。

私も彼の相撲はよく覚えて
いますが、かつて、二子山
部屋に所属していました。

「若貴ブーム」の頃には既に
晩年でしたが、二子山部屋には
ゆかりの深い元力士であり、現
親方です。

これ、私に言わせれば、「当然の
動き」だと思います。

隆三杉、いや、千賀ノ浦親方も
若い頃は「若貴」に稽古をつけた
はずです。

その「阿吽の呼吸」は、貴乃花
親方が出世した現在、千賀ノ浦
親方も「最後は、この男にかけ
たい」とでも思ったのではないか。

一番話を聞いてくれるはずです
しね、千賀ノ浦親方にとっての
貴乃花親方は。

昔と違って、今では巡業も部屋
一門で回ることは少なくなり
ましたが、先般行われたように、
理事長選では、票取りの行方を
占う上では、一門はまだまだ
存在感があります。

だからこそ、これはニュースに
なったわけです。

この流れは止められませんよ。

何しろ、「若貴ブーム」の頃
なんて、上位陣の半分くらいは
二子山部屋の力士で占められて
いたわけですから。

あのときの関取が、もはや親方の
中堅になってきています。

今後、雪崩をうって、貴乃花親方に
付く可能性すらある。

この動き、土俵上の戦いとは別に
注視したいと思いますね、私は。

posted by あらやまはじめ at 19:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 貴乃花親方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村