2016年03月17日

【平成28年大相撲春場所・五日目速報】行司の式守勘太夫も迷った、琴奨菊と隠岐の海の土俵際、あれは取り直しでも良かった…琴勇輝は見事な押し相撲で豪栄道を撃破、いいものを見させて頂きましたよ

荒れましたねえ、今日の土俵は。

こんなに荒れたのは、久しぶり
じゃあないですか。

取り上げたい取組がありすぎます、
今日は。

しかし、4番に絞って、順に見て
いきたいと思います。

まず、全勝の豪栄道と琴勇輝の
一番。

これはねえ、私は驚きましたよ。

琴勇輝の見事な押し相撲に。

立ち合いから、手もよく出て
いましたし、足も出ていた。

先日の日馬富士戦もそうでしたが、
今日も非の打ち所のない相撲を
取り切りました。

こういう、本格的とも言える
押し相撲の力士は久しぶり
じゃあないですか。

それこそ、先日、久々に大相撲
中継の解説をした元大関朝潮の
高砂親方の押し相撲を彷彿と
させると言うかね。

いいものを見させて頂きました
よ、今日は。

綱とりの琴奨菊と隠岐の海の一番
も見ていきましょう。

取組自体はあっという間に終わり
ましたが、右を差して、左のまわし
にも手がかかった琴奨菊、一気に
前に出るも、土俵際、隠岐の海に
捨て身ではたかれました。

ここで、珍しい光景が…。

行司の式守勘太夫が、どちらに
軍配を上げればいいのか、迷って
いる。

数秒迷った結果、勘太夫は隠岐の海に
軍配を上げましたが…。

正直言えば、こういう、行司さんが
ここまで迷うような一番は、その
時点で取り直しにしても、私はいい
と思う。

ビデオで見れば、確かに琴奨菊の
左足の甲が先に土俵に付いている
ようには見えましたが、相撲の
流れは完全に琴奨菊でした。

協議の結果、軍配通り、隠岐の海の
勝ちとなりましたが、私はどうかと
思いましたね。

こんな相撲で勝っても、うれしくも
ないでしょう、隠岐の海も。

まあ、琴奨菊からすれば、「詰めが
甘かった」ということにはなります
が、なんとももったいない。

綱とりの確率は、これで、私が
提唱していた「80%」からは、
だいぶ落ちたと言って仕方がない。

ですが、ゼロになったわけでは
ありません。

腐らずに、引きずらずに、明日
以降、頑張ってほしいですね。

横綱戦も二番見ていきましょう。

鶴竜と宝富士の一番。

これ、宝富士にとっては、典型的な
「相撲に勝って、勝負に負けた」
一番でした。

宝富士はどっしりと構えて、
鶴竜の攻めにも、全く後ろに
下がらなかった。

宝富士は前に出て、鶴竜は防戦一方
でしたが、最後、行司の式守伊之助
が鶴竜の壁になるような形となり、
肩透かしで宝富士を破りましたが…。

解説の北の富士さんが言っていた
ように「九死に一生」でしたよ。

行司さん共々ね。

最後に、白鵬と碧山の相撲に
ついても一言。

碧山は今場所、動けていると
私も思っていましたが、今日も
あと一歩でした。

というか、相対的に白鵬の力は
落ちていると、改めて感じた
一番でしたね。

もろ差しになった時点でまわしを
取りたかったですねえ、碧山は。

この様子だと、白鵬に勝てる日も
近いですよ、碧山は。

来場所以降に期待ですね。

最後に…今場所で定年を迎える
元関脇舛田山の千賀ノ浦親方が
今日向正面の解説をされて
いました。

舛田山の印象は、私はあまり
強くはないのですが、長きに
渡って、大相撲の発展のために
尽力して下さった親方には、
一相撲ファンとして感謝したいと
思います。

お疲れ様でした、と言いたいですね、
千賀ノ浦親方には。








*北の富士さんの興味深い一冊です。↓

大放談!大相撲打ちあけ話 [ 北の富士勝昭 ]

大放談!大相撲打ちあけ話 [ 北の富士勝昭 ]
価格:1,620円(税込、送料込)



posted by あらやまはじめ at 15:33| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 琴奨菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村