2016年03月14日

今週の「週刊ポスト」に、なんと、「大相撲『おかみさん』番付」が!・・・横綱はだれ? 高田みづえさんか?

今日発売の「週刊ポスト」に、非常に
興味深い記事を見つけました。

タイトルは・・・

・大相撲「おかみさん」番付

・・・です。

(今週の「週刊ポスト」はコチラです。↓)




こういう番付、聞いたことがあり
ません。

というか、例えば、「月刊相撲」
あたりでは絶対にやらないでしょう。

どこかを持ち上げれば、どこかが
割を食うわけでしてね。

「週刊ポスト」ならでは、と言って
いいと思います。

もっとも、この番付、「信憑性」と
いうか、どこまで信じていいものか
は不明ですがね。

完全に、「週刊ポスト」の独断と偏見
ということを前もって指摘しておいて
・・・。

正直、「おかみさん」は、私も全くと
言っていいほど、分かりません。

だれがいいのか、悪いとかというのは。

ただ、傾向として言えるのは、関取が
次々に出てきている相撲部屋は、親方
の指導力等もあると同時に、おかみ
さんの力も多かれ少なかれ関わって
いるのでは、という点です。

親方一人ですべてできるわけでは
ありませんからね。

・・・というか、おかみさんの力の
おかげで成り立っている部屋も
あるでしょう、中には。

今回の「週刊ポスト」の「おかみさん
番付」はそういう点も加味されている
ことが伺えました。

で、気になる「横綱」ですが・・・。

だれ?

・・・「週刊ポストをご覧下さい!」と
言いたいところですが、東西の横綱
に関しては、触れておいた方がいい
でしょう。

東の横綱は伊勢ヶ浜部屋のおかみさん、
杉野森淳子さんです!

これは、伊勢ヶ浜部屋が現在の角界
一大勢力であることを考えれば、
当然の結果かもしれません。

もっとも、この杉野森淳子さん、
私は全く存じ上げませんが・・・。

いや、表に出なくとも、おかみさんと
いう稼業は、言ってみれば、「裏方」
に近いわけですから、我々、一般の
相撲ファンが知りえないところで、
考えられない苦労をしているのだと
思います。

その苦労がどこまで報われるかは
分かりませんが、「週刊ポスト」
ではトップになったわけですから、
杉野森淳子さんには「おめでとう
ございます!」ですな。

西の横綱には、貴乃花部屋のおかみ
さん、花田景子さんが堂々、ランク
インしました。

これは・・・来たる理事長選を睨んでの
ランクインと言えるでしょうかね。

花田景子さんは、言わずと知れた、
フジテレビの元アナウンサーの河野
景子さんです。

貴乃花部屋は、伊勢ヶ浜部屋と違って、
一大勢力とは言い難いですが、そこは
「貴乃花親方を理事長最有力候補に
までのし上げた」という景子夫人の
内助の功を買ったのでしょう。

ちなみに、今回の「おかみさん番付」を
聞いて、私が真っ先に思い浮かべた
「おかみさん」は、だれあろう、あの
高田みづえさんです。

現在は二所ノ関部屋のおかみさんですな。

やっぱりねえ、私が高校生の頃に角界
入りした人気歌手、高田みづえさんは、
30年経っても気になるんですよ。

みづえさんは、「週刊ポスト」上では、
西小結でした。

まあ、この位置だから、どうこうと
言うつもりはありません。

「週刊ポスト」の独断と偏見ですからね。

しかし、そうかあ、みづえさんは
横綱ではなかったかあ・・・。

いや、みづえさん以外にも、他の
おかみさんも、我々の見えないところ
で苦労しているわけですからね。

どうこうは言えません。

おかみさんは皆、苦労しているんです。

今回の「番付」では、前頭10枚目まで
おかみさんの名前が載りましたが、
こういう企画、いいんじゃあないですか。

悪くないと思う。

おかみさんがこうして、ランク付け
されることに、眉をひそめるファンも
いるかもしれませんが、普段なかなか
スポットライトが当たらないおかみさんが
陽の目を浴びるのは、私はいいことだと
思います。

できれば、今後は「客観性のあるデータ」
をもってね、「月刊相撲」では無理かも
しれませんが、「大相撲ジャーナル」
あたりで特集を組んでもらえないかなあ。

期待していますよ!



*相撲部屋のおかみさんについて
取り上げたマンガです。面白そう。↓


posted by あらやまはじめ at 23:11| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村