2016年03月12日

日本相撲協会の宗像紀夫委員長は、なぜ春場所を明日に控えたこの時期に、「力士のサイコロ賭博通報」を明らかにしたのか?・・・「週刊新潮」への寄稿といい、「貴乃花推し」か? 何かウラがありますよ

春場所の初日を明日に控え、角界
関連のキナ臭いニュースが飛び
込んできました。

日本相撲協会の外部理事で危機管理
委員会の宗像紀夫委員長は昨日、幕内
の力士数人が「サイコロ賭博」に関与
しているとの通報を外部から受けた
ことを明らかにしました。

この通報は匿名によるものだった
そうですが・・・。

野球界といい、角界といい、なぜ、
このような不祥事を、こういう
タイミングで明らかにしてしまう
のか?

この宗像氏は、今週の「週刊新潮」
にも寄稿しては、八角理事長について
の批判を行ったばかりです。

これは、偶然ではありませんよ。

宗像氏は「貴乃花親方推し」なん
でしょうね。

新潮報道はもちろんですが、「サイコロ
賭博通報」について、春場所直前に
こうしておおっぴらにしてしまうこと、
これはすなわち、「八角理事長は何を
やっているのか?」という批判に
つながってきますからねえ。

正直言えば、相撲ファンからすれば、
八角理事長でも貴乃花親方でも、
どっちでもいいんです、理事長は。

私個人的にも、「どっちでもいい」
と思っています。

というか、分かりませんよ、どっち
がいいかなんて。

別に、理事長や親方が土俵でまた
相撲を取るわけではありません
からね。

宗像氏は何らかの思惑があって、
このような「駆け引き」をしている
のでしょうが、相撲ファンにとっては
迷惑な話です。

ようやく、琴奨菊が「久々の日本人
横綱になるか」という、明るい話題が
出てきているわけです。

角界が徐々に盛り上がっているところ
に、こうして水を差す宗像氏、本当に
相撲が好きでこういう委員長をして
いるのか?

いや、そうではあるまい。

宗像氏は、元東京地検特捜部長の74歳。

確かに、「サイコロ賭博通報」などと
いう、キナ臭いことには目利きは鋭い
でしょう。

匿名とは言いながらも、こうして
公にするということは、それなりの
証拠があってのことかもしれない。

ですが・・・。

当の力士たちに余計な不安を与える
だけですよ。

「サイコロ賭博」といっても、ピン
からキリまであるでしょう。

暴力団絡みのものから、個人同士で
ジュースを賭けるような軽いものまで。

暴力団が絡むような大事であれば、
過去にも追放された力士や親方は
いるわけですから、それは自業自得
とは思いますが、「ジュースを賭ける」
力士が「オレも角界追放か?」などと、
萎縮してしまいかねない。

野球界でもそうですが、こういう
軽い「賭け」は、昔から良かれ悪し
かれ、行われてきています。

それすらダメなら、今回、巨人でも
そうしたように、角界でも注意すれば
いいですが、それは別に、場所後でも
いい話ですよ。

なぜ、春場所直前にする?

やっぱり、宗像氏、何か企んでいると
しか思えない。

こういう駆け引きをしても、ロクな
ことはありませんよ。

この御仁、下手したら、場所中にも
「サイコロ賭博」の続報を流しかね
ない。

そうなったら、春場所の最大の注目
である「琴奨菊の綱とり」など、
どこかへ吹っ飛んでしまうでしょう。

「空気の読めない」元東京地検特捜部長。

まあ、空気が読めないからこそ、その
ような地位まで登りつめたのでしょう
が、角界には不要ですよ、そういう
「空気の読めない委員長」は。

物事にはタイミングというものが
あります。

今、そのタイミングだとは、とても
思えないのですがね。



*角界の賭博については、コチラの
本が詳しいですが・・・興味のある方
はどうぞ。↓

大相撲裏面史 [ 西村秀樹 ]

大相撲裏面史 [ 西村秀樹 ]
価格:2,376円(税込、送料込)


posted by あらやまはじめ at 23:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村