2016年01月17日

【平成28年大相撲初場所・中日速報】右からおっつけて、稀勢の里をがぶり寄った琴奨菊、中日勝ち越しは見事です!…嘉風は負けても立派でしたが、白鵬のダメ押しならぬ、「ダメ寄り」は余計でしたなあ

今日、買い物から帰宅して、娘に
NHKの大相撲中継にチャンネルを
替えてもらったら、「あ、張本さん
がいる!」との声が聞こえました。

なんと、土俵下、テレビ画面では
向かって左側に、かの張本勲さん
が確かに座っていました。

そんな張本さんに、今日は「喝!」
を入れてほしい力士も何人かいま
したが、それはさておき…。

まずは、注目の大関対決、全勝の
琴奨菊と稀勢の里の一番から見て
いきましょうか。

これは、やっぱり、予想通りと
いうか、今場所の勢いが如実に
出た一番でしたね。

立ち合い、琴奨菊は左四つになる
も、稀勢に出足は止められました。

しかし、そこからの琴奨菊は
すごかったですね。

左からいなして、右からおっつけて
は、怒濤のがぶり寄りですよ。

最後は寄り倒しましたが、見事な
中日勝ち越しとなりました。

これは、もう勢いの違いとしか
言いようがありません。 

このまま、行ってほしいですね。

その直後の豪栄道と魁聖の相撲も、
ちょっと見ていきましょう。

解説の北の富士さんも、張本さんが
相撲観戦に来ていたことにかけて、
豪栄道に「喝!」を入れたいと
言っていましたが、私も同感ですね。

立ち合い、左の前みつを取った
のに、なぜ呼び込むように後ろに
下がったのだろう?

なぜ前に出ないのだろう?

理解に苦しみます。

挙げ句、魁聖にみすみす左上手
を与え、そのまま寄りきられる
という体たらく。

大関陥落を自ら申し出た方が
いいですよ、もう。

相撲が消極的すぎます。

今日の結びの一番、白鵬と嘉風
は、短い時間ではありましたが、
見応えがありましたね。

立ち合い、横綱は左から張って
いきましたが、嘉風、負けじと
突き放しました。

突き合いとなりましたが、横綱、
左が入ると、右上手も引いて、
そのまま正面に寄っていきました。

最後、ダメ押しならぬ、「ダメ
寄り」のような形で嘉風を土俵下
に突き飛ばしたのは余計でした
がね。

土俵に戻った白鵬の肩には血が
付いていました。

嘉風を見れば、大量の鼻血が…。

まあ、ここまで正々堂々戦って
ねえ、真っ向勝負は見ていて、
気持ちが良かった。

大健闘でしょう、嘉風は。

負けても、立派でしたよ。

豪栄道も、こういう相撲を
取らなきゃ。

さて、明日ですが、その豪栄道に
勝って気を良くしているであろう
魁聖が、全勝の琴奨菊に挑みます。

琴奨菊は、気を付けた方がいい
ですよ。

出足を止められ、今日の豪栄道戦
のように、左上手を与えてしまうと、
魁聖にも一気に持っていく力はあり
ます。

ここで取りこぼすようなことが
あると、今日までの全勝が無駄に
なってしまう。

細心の注意を払ってほしいですね。




posted by あらやまはじめ at 18:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 琴奨菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村