2016年01月10日

【平成28年大相撲初場所・初日速報】今日の「天覧相撲」の主役は、稀勢の里を取り直しの末に破った安美錦ですかね…松鳳山を豪快にきめだした照ノ富士は、相撲が戻ってきたんじゃあないですか

待ちに待った大相撲初場所が
いよいよ今日、初日を迎えました。

相撲界にとっては、非常に喜ばしい、
天皇皇后両陛下がお見えになると
いう「天覧相撲」となったからか、
今日の後半の土俵は、熱のこもった
一番が多かったように見受けられ
ました。

やっぱり、両陛下がご覧になられて
いるともなれば、力士たちも力が
入るというものでしょう。

しかし、相撲界にとっては「正月」
とも言える初場所の初日に両陛下が
お見えになるのは、何年ぶりでしょう
か。

両陛下のご配慮もあるはず、感謝
しないとね。

さて、当ブログでは、今年も今日
から本場所中は日々、【速報】を
19時までにお届けできるように
したいと思っています。

今年もどうぞ、よろしくお願い
いたします。

さて、今日の「天覧相撲」、私が
見るに、主役は安美錦でしたね。

稀勢の里を取り直しの末に破った
一番、ちょっと見ていきましょう。

まず、取り直しとなった最初の
一番ですが、確かに微妙な相撲
でした。

安美錦の左足のかかとは、俵に
残っていましたが、稀勢も攻めて
いましたからね。

安美錦の勝ちでもおかしくはあり
ませんでしたが、稀勢にとっては
「命拾い」となりました。

もっとも、その恩恵を生かせない
のが、稀勢の里という力士でしてね。

取り直し後の一番、安美錦に左に
変化されると、頭を下げすぎて
立った稀勢、なんとか向き直った
まではよかったですが、直後の
安美錦の強烈なのど輪になすすべ
なく、押し出されました。

稀勢にとっては、今年も前途多難
であろうことが伺える一番となり
ましたが、これは、むしろ安美錦の
うまさを褒めるべきでしょう。

もう一番、私がそのケガの治り
具合を気にしていた照ノ富士と
松鳳山の対戦についても少し触れ
ましょう。

これ、ほとんど、松鳳山が勝って
いましたよ。

立ち合いからすぐに松鳳山は、
もろ差しになり、一気に攻め
立てました。

先場所の照ノ富士であれば、
ここで抱えても、膝の状態が悪く、
おそらく残すことはできなかった
でしょうが、今場所の照ノ富士は、
なんなく残しました。

ケガの状態は良くなってきて
いますよ、明らかに。

何度となく、松鳳山に攻め立て
られた照ノ富士でしたが、抱えた
まま、堪えに堪えて、最後は、
先々場所までによく見られた、
豪快なきめだしで一蹴しました。

「これぞ、照ノ富士!」の相撲
でしたよ。

もちろん、両膝には包帯どころ
か、どうやら器具のようなものを
装着している照ノ富士ではあり
ますが、こういう相撲を見せつけ
られると、今場所は優勝争いに
当然入ってくるでしょうなあ。

まだ、初日ですからなんとも言え
ませんがね。

最後に、勢が白鵬に挑戦した
一番について一言。

勢は来場所あたり、白鵬に勝てる
んじゃあないですか。

惜しい一番でしたよ、勢にとっては。

何より、立ち合い、白鵬に左の
前みつを取らせずに、横綱に
「引かせた」というのは、勢の
進歩です。

引いた白鵬が、かかとを俵の上に
かろうじて残しては突き落とし
ましたが、物言いもついて、横綱に
とっては危ない相撲でした。

しかし、白鵬の相撲は、先場所
あたりから、こういう相撲が目立つ
ようになりましたね。

今場所、優勝候補の筆頭とはいえ、
「絶対」ではないと思いますよ。

さて、明日も祝日です。

なるべく、早い時間から大相撲中継
を見たいと思います。



*今、私も読んでいます。↓

NHK大相撲ジャーナル 2016年 02月号 [雑誌]

NHK大相撲ジャーナル 2016年 02月号 [雑誌]
価格:979円(税込、送料込)

posted by あらやまはじめ at 18:51| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 安美錦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村