2016年01月04日

今日の産経新聞の内館牧子さんのコラムには、快哉を叫びましたね…白鵬への批判は、正鵠を射ています、横審への復帰を熱望したいですね、この方には

新年の産経新聞では、昨日から、
スポーツ欄で「相撲よ」なる
コラムが三回シリーズで掲載
されていますが、今日のコラムは
良かった。

今日は内館牧子さんのコラムでした。

内館牧子さんと言えば、思い出される
のは、朝青龍が現役の頃に、彼女が
横審のメンバーで、彼の言動について、
散々批判したことです。

当時は、当ブログもまだ始めていま
せんでしたが、私は内館さんの言い分
にほぼ賛成していました。

そして、今回、内館さんはその矛先
を白鵬に向けました。

内館さん曰く、「白鵬以前は好きだ
ったが、ここ最近の言動はどうか」
と苦言を呈しています。

まさに、その通りでしてね。

先場所見せた「猫だまし」について
は、ご愛敬としても、それ以外の
言動には、目を覆うばかりの惨状
しか聞こえてきません。

そんな横綱の姿勢が、相撲に現れた、
それが、先般の「猫だまし」だった
と私は見ています。

これ、相撲ファンなら、ぜひとも
読んでほしいコラムですよ。

内館さんの舌鋒はいささか足りとも
衰えていません。

むしろ、今般、存在意義の問われる
横審に今一度、復活してもらえない
ものかとさえ、私は熱望しています。

私も当ブログでいろいろと意見を
書いていますが、その影響力は
内館さんと比べられません。

ものすごい発信力なんですよ、
内館さんは。

白鵬への批判もら正鵠を射ている。

まだまだ、こうして、表舞台で
意見を発信してねえ、内館さん
には相撲に対する「愛」を語って
ほしいものですよ。

posted by あらやまはじめ at 21:12| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相撲全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村