2015年12月24日

【平成28年大相撲初場所・番付速報】嘉風の新関脇は良しとしても、安美錦か松鳳山は、小結に復帰させても良かったのではないか…正代はもちろん、輝の新入幕は評価できますがね

来たる、平成28年の大相撲初場所
の番付が今日発表されました。

横綱、大関の顔ぶれには変化は
ありませんので、番付発表の際に
私は大抵、関脇以下をいつも注目
していますが、今回も「無難」な
番付に落ち着きました。

これねえ、ここ数場所、いや、
数年と言ってもいいかもしれ
ませんが、「サプライズゼロ」
なんですよ。

いや、大相撲にサプライズは
いらないのかもしれませんが、
番付というものは、もっと、
世間をあっと言わせるものが
あっていいと思うんですよねえ。

大相撲は興業なんです。

もっと、初場所に向けて、世間が
「おやっ?」と、話題にできる
ような番付にしないと。

私は新関脇に嘉風が来ても、勢が
来ても、どちらでも良いとは
思っていました。

嘉風の新関脇は、ここ数場所の
安定感も評価されたのだと思えば、
異論は全くありません。

問題は小結ですよ。

先場所、東の小結で負け越した
栃ノ心が、西の小結に据え置かれ
ました。

これも、思えば、番付運の不運で、
なかなか三役に復帰できなかった
栃ノ心への配慮だと思えば、膝を
打たざるを得ないのかもしれません
が、ここは、九州場所で優勝争いに
最後まで加わった松鳳山を上げても
良かったのではないか。

さらには、西の3枚目で勝ち越した
安美錦を上げても問題はなかった。

どうもねえ、弾力性に欠けるんです
よ、今般の番付を見ていると。

新年の番付ですよ、ましてや。

私は松鳳山を上げるべきだったと
思いますね。

しかし、新入幕に正代だけでは
なく、輝を入れたことには、私は
審判部を高く評価したいと思います。

微妙だったんですよね、輝の
新入幕は。

東の16枚目、幕尻でギリギリ、
新入幕を果たしました。

この番付運が、輝にどのような
影響を与えるのか?

番付運が悪いと、新入幕を逃し、
その後の人生にまで多大な影響を
与えかねません。

下手したら、一生、入幕できない
力士もいる。

こういう運は、大切にすべきですよ。

その運を生かすも殺すも、本人次第
です。

そういう意味では、私は、この輝に
初場所は注目したいと思いますね。

無駄にしちゃいけませんよ、運はね。

さて、初場所も間近ですが、そろそろ
今年の大相撲をどこかで振り返りたい
と思っています。

近々やります。

こちらもご期待下さい!


posted by あらやまはじめ at 19:30| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村