2015年11月24日

【平成27年大相撲九州場所総括・平幕編】勢の二場所連続の快進撃には驚きましたが、力はつけてきています・・・松鳳山の復活は慶事です、来場所、一気に三役復帰なるか、注目ですね

さて、今日は【総括・幕内編】を
やりますが、その前に・・・。

昨日、横綱審議委員会が、今場所の
白鵬の最後の3番について、批判的な
意見を出したと、今日の日刊スポーツ
に載っていました。

「力が入っていなかった」と。

これねえ、私に言わせれば、いろいろ
なことが考えられますので、一概には
白鵬を責められません。

北の湖理事長の急逝もありましたから、
精神面の影響もあったでしょうし、
終盤に入って、横綱のケガが悪化した
ことも考えられます。

しかし、そこまでして横審が問題を
提起したかったのであれば、「あれは
八百長だった」とか、「無気力相撲だ」
と言うこともできたのではないか。

それに対して、白鵬がどう反応する
のか。

それはそれで興味があります。

まあ、何も語らないかもしれません
がね、横綱は。

横審には、横審にしかできない役割が
あります。

我々素人のファンがブログで「ああだ、
こうだ」と言っても、相撲ファン以外
はだれも聞いてくれないわけでしてね。

横審の場合は違います。

新聞にも載るわけですよ。

その影響力をうまく使ってほしいなあ
とつくづく思いますね。

さて、【総括】に行きましょう。

平幕力士について、言いたいことは
たくさんあります。

上から見ていきましょうか。

まず、東筆頭の逸ノ城について。

なんとも、歯がゆかった。

いや、今場所に限った話ではあり
ませんが。

途中、中村親方に大相撲中継で
ボロクソに言われて、おそらく本人
も聞いたのでしょう、そこからは
相撲が立ち直ったかのように見え
ましたが、最終的には6勝9敗。

ケガをしているわけでもないのに、
この成績は、中村親方でなくとも、
文句の一つも言いたくもなる。

相撲に迷いがありますよね、見て
いると。

終盤見せたように、右四つで左上手を
取れば、その体の大きさを生かした
相撲が取れるんですよ、本来。

歯がゆいというか、もったいない
ですね。

やっぱり、立ち合いですかねえ。

序盤は立ち合いでスピード負けして
いました。

自分から先に攻めるようにしない
とね。

先に攻められたら、逆に相手は
「怖い」と思うんですがねえ。

西筆頭の大砂嵐についても触れて
おきましょう。

終盤ケガをして休場してしまった
のは残念でしたが、結果的に、
優勝した日馬富士に土をつけた
のはこの大砂嵐だけでした。

私はこの大砂嵐を評価したいですね。

相撲が変わってきましたよ。

以前のようなかち上げ一辺倒では
なく、立ち合いのもろ手突きから
の相撲を覚えるようになってきて、
安定感が出てきました。

来場所以降、というか、来年一気に
ブレークする可能性もありますよ。

西3枚目の安美錦は、千秋楽、松鳳山
を相手に、よく勝って、勝ち越しを
決めました。

今場所の安美錦は序盤は負けが込んで
どうなるかと思いましたが、終盤に
なって、うまい相撲で相手を一蹴
するシーンが目立ちました。

来場所は三役復帰するかどうか、
微妙なところではありますが、
久々に殊勲インタビューで、味の
ある話を聞きたいものです。

東4枚目の勢は、二場所連続の
快進撃で、「力をつけてきたなあ」
という印象を強烈に受けましたね。

なにより、右四つになって下手を
取れば、「負けない」という形が
ほぼ自分のものになるつつあると
いうのがいいですよ。

来場所の三役復帰は間違いなく、
新関脇の可能性もありますが、
それなりに相撲が取れるのでは
ないか。

勝ち越せれば、一気に「大関候補」
として上がってくる人材だと思い
ますよ。

同じ4枚目でも西の遠藤は、散々
でした。

つくづく思いますが、やはり、遠藤
には、大ケガをした翌場所、休場
してほしかった。

だましだまし相撲を取ってねえ、
結局はケガを悪化させています。

終盤の相撲は見ていられません
でした。

相撲になっていませんでしたもの。

ちょっと、厳しいんじゃないですか、
遠藤は。

まだ若い若いと思っていましたが、
遠藤も25歳ですよ。

平幕中堅で勝ち負けを繰り返すような
力士で終わってしまうような気がして
なりません。

とにかく、ケガを甘く見ないことです。

それこそ、来場所もケガの治りが悪い
ようなら、思い切って休場すべきですよ。

今場所終盤のような相撲を見にお客
さんは来ていません。

あんな相撲ばかり取っていたら、それ
こそ、遠藤はファンからもそっぽを
向かれますよ。

懸賞も減るでしょう。

休むことを覚えてほしいですね。

最後に、西10枚目で、最後まで優勝
争いに名前を残した松鳳山についても
一言。

先場所、十両優勝して、今場所平幕に
戻ってきた、というところまでは、
私も知っていましたが、ここまでやる
とはねえ・・・。

序盤の相撲はほとんど見ていません
が、終盤の相撲を見れば、以前よりも
「四つで相撲が取れるようになった」
という印象を受けましたね。

以前は押し相撲というか、突っ張りが
目立つ力士でしたが、今場所は組む
相撲が目立ちました。

組む相撲が増えたからか、以前よりも
安定感が増したように思いましたね。

来場所は一気に小結復帰の可能性も
あります。

来場所も注目ですよ。

・・・以上ですかね、総括は。

最後に、今場所十両優勝した正代に
ついても一言。

来場所は新入幕濃厚です。

楽しみな若手力士が上がってくる
のは、相撲ファンとしてはうれしい
限り。

期待したいですね。



*明後日、26日発売です。↓

posted by あらやまはじめ at 20:58| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして<m(__)m>

いつもこちらの記事を読ませて頂いております。
私も相撲の記事を書いているのですが、ブログリンクさせて頂きました<m(__)m>

とりあえずご挨拶まで。」
Posted by ルードの森 at 2015年11月25日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村