2015年11月15日

【平成27年大相撲九州場所・中日速報】変化した挙げ句、あっけなく敗れた照ノ富士の相撲は、もう見ていられません、休場すべきです…琴奨菊と稀勢の里は、中日までよくぞ一敗をキープしていますよ、後半戦への期待が高まります

まず、最初に…。

差し違えが相次いだ立行司の
第40代式守伊之助が今日から
三日間、出場停止となりました。

これ、「頭を冷やせ」ということ
なのでしょうが、ちょっと厳しい
ような、そうでないような…。

まあ、差し違えが相次いだのも
そうですが、昨日の白鵬は明らか
に勝っていましたからねえ。

三日間の出場停止ということです
が…。

まあ、行司さんも、考えてみれば、
野球の審判と同じで、誤審の時 
だけ騒がれる、気の毒な立場では
あります。

あまりに誤審が続けば、引退という
ことにもなるのでしょうが、そんな
ことばかりしていたら、裁ける行司
さんがいなくなってしまうという
のも事実でしてね。

本人も真摯に反省しているのです
から、これ以上、騒ぎ立てない方が
私はいいと思います。

で、今日の相撲を振り返ってみたい
と思いますが、まずは早くも組まれた
大関戦、照ノ富士と豪栄道の一番から。

照ノ富士は、なんと、立ち合い、
右に変化しました。 

私は驚きましたね。

「そこまで状態が悪いのか」と。

はたきなれていない照ノ富士、
豪栄道にそんな相撲が通用する
はずもなく、あっけなく土俵を
割りました。
 
こんな照ノ富士の相撲は見たく
ない。

見ていられません。

あえて言いますが、照ノ富士は
休場すべきです。

今場所、出場することに何の意味も 
ありませんよ。

こんな相撲を続けていたら。

どちらにしても、横綱への挑戦は
一からやり直しになるのであれば、
ここは思い切って休場して、来場所
以降に備えるべきだと思いますよ。

「もったいないことをするんじゃ
ない」と言いたいですね。

その照ノ富士の前に登場した先輩 
大関の琴奨菊と稀勢の里は両者とも
素晴らしい相撲で一敗をキープしま
した。

中日を終えて一敗をキープして
いるのは、立派ですよ。

ここ数場所の現状を考えれば。

後半戦に向けて、期待が高まり
ます。

特に琴奨菊の動きがめちゃくちゃ
いいですよ。

白鵬との対戦でも、臆すること
なくぶつかってねえ、一気に前に
出れば、勝てる勢いは間違いなく
あります。

今日の大砂嵐戦もそうでしたが、
まわしにこだわらずに前に出る、
これで残りの取組は全勝できるの
ではないかと、私は見ています。

楽しみです。

最後、個人的に気になった一番、
平幕の逸ノ城と遠藤の取組について
一言。

一年前には「黄金カード」だった
この両者の取組。

勝負はあっけなく決まりました。

逸ノ城が立ち合い、左から張って、
右からかち上げ気味に当たって前に
出ると、遠藤、何もできずに土俵を
割りました。 

今場所、決して好調とは言えない
逸ノ城に対しても、こういう相撲
しか取れない遠藤は、やはり、まだ
膝が完治していないことは明らか
です。

休場せずに出場し続けたことは
立派でしたが、その分、治りも
悪く、長引いています。

このままだと、今場所、仮に
上位戦が組まれたとしても、
ひとたまりもなく、負け続ける
ことでしょう。

今のままでは、昨日、中村親方に
酷評された逸ノ城よりもひどい。

騙し騙し相撲を取って、またケガ
をしたら、再起不能にもなりかね
ない。

今となってはもう遅いですが、
やっぱり、私は何度も指摘して
きましたが、きちんと治すべき
だったと思いますね。

このままで終わる力士ではないと
思っていますが…。

ちょっと、遠藤の後半戦も注視して
いきたいと思います。



posted by あらやまはじめ at 18:59| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ以外にも、平幕の高安や松鳳山も一敗で追走している程活発なので、今後目が離せないと感じています。
Posted by 宮ア誠悟 at 2015年11月15日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村