2015年11月10日

【平成27年大相撲九州場所・三日目速報】結びの日馬富士と碧山の物言いのついた一番は、取り直しでもよかった…嘉風に電車道の相撲で快勝した琴奨菊は、今場所も体が動いていますね、優勝を狙ってほしいですよ

今日の相撲を振り返る前に…。

今日のサンケイスポーツの裏一面
に嘉風が載りました。

これ、私的には非常にうれしく、
後程、私の公式ブログでも取り
上げたいと思います。

初めてのはずです、嘉風がここまで
大きく取り扱われるのは。

せっかくですから、その嘉風の相撲
から見ていきましょうか。

今日の対戦相手は、先場所から
好調を持続している琴奨菊です。

その立ち合い、琴奨菊、頭から
低く、鋭く当たりました。

先場所からずっとそうですが、
琴奨菊は、ここからの攻めが
早いですね。

今日の立ち合いも素晴らしかった
ですが、その後の攻めはもっと
素晴らしかった。

まわしを取らずとも、その圧力で
好調の嘉風を一気に土俵の外へ
持っていきました。

いわゆる「電車道」のお手本の
ような相撲でしたが、こういう
相撲を見ていると、いやでも
「優勝を狙ってほしい」と思う
のは私だけでしょうか。

今日のような相撲なら、白鵬相手
でも勝てますよ。

一方の嘉風ですが、今日に関しては
「琴奨菊が良すぎた」というしか
ありません。

嘉風の立ち合いも悪くはありません
でしたが、琴奨菊の立ち合い、そして
その後の攻めがすごすぎた。

明日、嘉風は白鵬戦です。

今日の相撲は割りきって、引き
ずらず、明日の白鵬戦に挑んで
ほしいですね。

その白鵬は、今日は大砂嵐と対戦
しましたが、これは、大砂嵐が
「大健闘した」と言える一番に
なりました。

横綱は右四つからすぐに左上手を
引いて、あっさりと勝負をつける
かと思われましたが、大砂嵐は、
寄り切られた土俵際でよく粘り
ましたよ。

まあ、横綱も大砂嵐は「何をして
くるか分からない」というイメージ
があるでしょうから、勝負を急がな 
かったと言えば、そうなのかもしれ
ませんがね。

結びの日馬富士と碧山の一番。

物言いがつきました。

長い協議となり、放送時間の18時
を過ぎて、「行司差し違え」で
日馬富士の勝ちとなりましたが、
これ、取り直しでよかったんじゃ
ないですか。

碧山は土俵際で右足一本で、日馬
を右から捨て身の投げで、私は
「碧山が勝った」と見ました。 

日馬は、投げられた際に、右手
で碧山の左足を渡しこみ気味に
行きましたが、投げられた勢い
で、そのまま体(たい)が飛んで
しまいました。

問題となったのは、碧山の右の
かかとが出たかどうかでしたが、
微妙でした。

画面で見る限りでは、かかとが
出たときには、日馬の体は飛んで
いましたからねえ。

こういう微妙な一番は、取り直しに
した方がすっきりすると思います。

場内のお客さんは分かりませんよ。

しかし、気になったのは、碧山に
行司軍配が上がっても、座布団の
一枚も飛ばなければ、歓声すら
ほとんど上がらなかったことです。

相撲以上に、こういうお客さんの
反応というものは、正直です。

日馬富士は負けても、騒がれない
横綱に成り下がってしまったのか。

折しも、昨日、「満員御礼」が
途切れましたが、今日は昨日より
も空席が目立っていたように見え
ました。

今日なんかは、好調な九州勢同士の
琴奨菊と嘉風の一番もあったんです
がねえ…。

ちょっと、心配ですなあ、今度の
九州場所は。

琴奨菊にこのまま全勝で行って
もらって、お客さんに来てもらう
しかないですかねえ、もう。

福岡のお客さん、どうしちゃった
んだろうね。

ソフトバンクも日本一になったん
だから、「ご祝儀」で来てくれても
いいような気もするのですが…。

それとこれとは違うのかな?

まあ、日々の土俵で熱戦を続ける
しかないでしょうなあ、力士に
とってはね。









posted by あらやまはじめ at 18:55| 神奈川 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今場所は、座布団が樹脂製の紐で床に固定してあるのだそうですよ。
Posted by いがぐり at 2015年11月11日 08:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村