2015年09月19日

【平成27年大相撲秋場所・七日目速報】嘉風、今度は栃煌山を撃破で、優勝だ!…稀勢の里は、好調の逸ノ城相手に慌てませんでしたね、良かったですよ

今日から5連休の方も多いことでしょう。

私も相撲三昧になりそうですが、その
初日、上位陣ではいい相撲が目立ち
ました。

まずは、2横綱2大関を破って、波に
乗っている嘉風の取組から見ていき
ましょう。

今日の対戦相手は、関脇の栃煌山。

好調同士の対戦ということもあり、
私は注目していましたが、嘉風の
圧勝でしたね。

立ち合い、嘉風はすぐに二本差し
ました。

差し身のうまい栃煌山ではあります
が、今日に関して言えば、解説の
舞の海さんも指摘していたとおり、
「見てしまった」のが敗因となり
ましたね。

そしてねえ、嘉風は今日も早かった
ですよ、相撲が。

なんでしょう、覚醒したんじゃあ
ないですか、嘉風は。

私は昨日の当ブログで「優勝を狙って
ほしい」と書きましたが、本当に狙え
ますよ、これは。

残り全部勝てば、分かりません。

照ノ富士が全勝を守りましたが、
私は照ノ富士は2〜3敗はすると
見ています。

現在、3敗力士までは優勝の可能性が
あると言っていいでしょう。

もう一番、稀勢の里が逸ノ城の
挑戦を受けた取組についても少し
触れましょうか。

稀勢は、立ち合い、左を差しに行き
ましたが、逸ノ城も右を取りに行き、
差し手争いとなりましたが、構わず
前に出たのが良かったですね、稀勢は。

逸ノ城は、苦し紛れに、右から抱えて
小手投げに行きますが、そこで右足が
俵の外に出てしまいました。

こういうのを見ると、逸ノ城も「まだ
まだ稽古不足」との感は否めません。

最後はちょっと興ざめでした。

稀勢は、慌てなかったのが良かった
ですね。

中日を前に6勝1敗ですか。

悪くないですよ。

まだまだチャンスはある。

最後に、妙義龍の取組について一言。

体の大きい碧山相手でしたが、土俵際
まで攻められながらも落ち着いて前に
出て、最後は下から突き上げるように
寄り切りました。

いい相撲でした。

この妙義龍、明日は照ノ富士と対戦
します。

今日のような相撲が取れれば、
分かりませんよ、この対戦は。

妙義龍か二本差して、一気に持って
いく展開も考えられないではあり
ません。

明日最大の注目の一番と言っていい
でしょう。

期待したいですね。






posted by あらやまはじめ at 18:50| 神奈川 ☀ | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村