2015年09月16日

今週の「週刊新潮」に「すい臓がんで13キロ体重が落ちた『九重親方』が明かさない心労」との記事が・・・大丈夫ですかね、九重親方は?

秋場所初日に明らかになった、九重親方
(元横綱千代の富士)のすい臓がん手術。

約1ヶ月入院して、7月下旬に退院した
ことが、翌日のスポーツ紙に掲載されて
いました。

私もこの記事について取り上げようと
思っていたら、今日発売の「週刊新潮」
に次の記事を見つけました。

「すい臓がんで13キロ体重が落ちた
『九重親方』が明かさない心労」

(今週の「週刊新潮」はコチラです。↓)




大丈夫ですかね、九重親方は?

まあ、記事については、私はこれから
読んで確認したいと思いますが、何かと
「心労」がかさみますよねえ、この親方は。

数か月前には「還暦土俵入り」を披露した
九重親方ですが、60歳を過ぎて、すい臓がん
手術とはねえ・・・。

ちょっと、病後の状態が気になります。

何もなければいいのですが・・・。

思えば、この年代では、北の湖理事長も
先場所は休場するなど、体調面が心配です。

トシがトシだけに仕方がないのかもしれ
ませんが、私の子どもの頃の「英雄」たち
が弱っていく姿を見るのは、忍びないもの
です。

なんとか、定年まで持ちこたえて、頑張って
ほしいと思いますね。

「新潮」の記事、読んで、追記すべきことが
あれば、当ブログで展開したいと思います。



*珍しい、北の湖と千代の富士の
「相撲錦絵」木版画です! ↓

posted by あらやまはじめ at 13:28| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 千代の富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村