2015年09月14日

【平成27年大相撲秋場所・二日目速報】連敗の白鵬には驚きましたが、勝った嘉風を誉め称えましょうよ、今日は!…舞の海さんの、歯に詰まったようなコメントも、聞き応えがありましたね

驚きました。

本当に、驚いた。

横綱在位49場所目で、初めて白鵬が
初日から連敗です。

まずは、この一番から振り返って
みましょうか、今日は。

対戦相手は、ベテランの嘉風。

立ち合い、低く当たった両者でしたが、
嘉風は横綱にまわしを取らせないよう
にと、動き回りました。

解説の舞の海さんも語っていましたが、
嘉風、全力ではなく、7〜8割の力で
凌ぎに凌いだ。

とにかく、こまめに動いて、白鵬に
まわしを取らせない。

この作戦は、昨日の隠岐の海同様、
功を奏すことになります。

横綱は早くつかまえたい。

なんとか、組み止めようとするも、
嘉風がそれを許さない。

そんな中、白鵬、つかまえようとして、
足が揃ってしまった。

そこを、タイミングよく、嘉風が
はたいた。

横綱は足が滑ったようにも見えました。

嘉風の作戦勝ちですよ、これは。

相当考えていたはず。

今日はこの嘉風を誉め称えようでは
ありませんか。

解説の舞の海さんのコメントも、
聞き応えがありましたね。

実況アナウンサーから、先場所の
白鵬のコメントを聞かされ、「さて、
舞の海さん、白鵬はどうですか?」と。

舞の海さんは、「一番強かった時期の
白鵬と比べれば、力は落ちている」と、
歯に詰まったようなコメントでした。

まあ、白鵬も連敗したとはいえ、ここ
から立て直して優勝する力はあります
からねえ。

無難に締めましたね、舞の海さんも。

今、私も指摘しましたが、連敗した
とはいえ、白鵬はまだまだ「優勝争い
のトップ」を走っていると言っていい
でしょう。

他の力士たちにとっては、いいハンデ
ですよ。

大関陣も、早速今日、豪栄道が先に
いい形を作ったにも関わらず、高安に
負けましたしね。

照ノ富士以外の大関陣にとっては、
後半戦に入るまで、この二差を何が
何でも保つことです。

そういう展開になれば、今場所は
面白くなるのではないでしょうか。

まあ、そうはならないと思います
がね。

最後に、鶴竜の取組について一言。

白鵬が敗れた後で取りにくかった
と思いますが、まともに当たると
手強い碧山相手に、うまく相撲を
取りました。

難なくはたきこみましたが、なぜか
物言いがつきました。  

これねえ、「髷つかみ」の疑いがある
ということですが、あれはないでしょう。

どう見ても、物言いをつける相撲では
ありません。

「髷つかみ」は故意につかんだ場合に
反則になるものであって、今日の鶴竜
には「故意に髷をつかむ」動機は一つも
ありません。

最後の最後に、後味の悪い印象を受け
ましたね。

もう少し、「相撲の流れ」をきちんと
見てほしいと思いますよ、審判にはね。





posted by あらやまはじめ at 18:43| 神奈川 ☀ | TrackBack(0) | 嘉風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村