2015年09月11日

日馬富士が来たる秋場所、休場ですか・・・引退が近付いているのは間違いないですが、もう一花、咲かせてほしいものです

明後日、9月13日からいよいよ秋場所が
始まりますが、昨日、日馬富士の休場が
発表されました。

先場所初日に痛めた右肘の状態がまだ
良くないということですが、師匠の
伊勢ヶ浜親方も「右肘が伸びない状態」
と語っていますから、仕方ありません。

日馬富士の休場は6度目ですが、横綱
昇進後はこれで4度目ですか。

なんでしょう、ここ半年、いや、1年くらい
でしょうか、日馬富士の相撲を見ている
と、勝負だけでなく、その取り口も
「あぶなっかしい」と感じることが多く
なりました。

横綱昇進時に、私は最後まで反対しました
が、昇進後も優勝はしていますし、徐々に
「横綱らしくなってきた」と私は見直して
はいました。

ですが、ここ最近の日馬富士は、立ち合い
のスピードこそ角界一と言っていいですが、
その後の攻めに、かつてのキレというか、
冴えが見られなくなってきました。

相手にも見透かされているようにも思う。

土俵際で逆転負けをしょっちゅう食らう
のは、その典型でしてね。

正直言えば、「横綱の相撲」では、もう
ない。

引退は近付いています。

確実に。

ですがねえ、「最後にもう一度優勝を」
という思いもあるでしょう。

ここは、じっくり治してね、もう一花、
咲かせてほしいものです。

来場所以降の日馬富士の復活を期待したい
と思いますよ、私は。



*日馬富士の手形色紙入り額です。↓





posted by あらやまはじめ at 13:01| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村