2015年06月29日

【平成27年名古屋場所・番付発表!】栃ノ心を三役復帰させなかったのは理解に苦しみますが・・・里山の8場所ぶりの幕内復帰は歓迎したいですね

来たる大相撲名古屋場所の新番付が
本日発表されました。

今場所最大の目玉である照ノ富士は
西の大関。

昔で言うところの「張出」ですな。

まずは、序盤ですよ。

大関になって、相撲が変わってしまう
のかどうか。

ここをじっくりと見極めたいと思いますね。

宝富士は東の小結に昇進し、初の三役。

何度も何度も、番付の不運に泣かされて
きましたが、ついに三役昇進、これは、
素直に「おめでとう」と祝福したいですね。

先場所西の筆頭で9勝を挙げた栃ノ心は、
残念ながら東の筆頭止まりとなりました。

これは、理解に苦しみます。

なんでしょう、関脇で負け越した妙義龍
を西小結に置いても、見る側からすれば、
魅力に欠けますよ。

大ケガをして幕下まで落ちて、そこから
ようやく這い上がってきた栃ノ心を、
ここは小結に上げてあげるべきでした。

審判部の意図がどうも分かりませんねえ。

宝富士同様、栃ノ心にも「もう少し精進
して、満を持して三役に上がれ」という
ことか。

この悔しさがどう土俵にぶつけられる
ことになるのか。

そういう意味では、栃ノ心の土俵にも注目
ですね、名古屋場所は。

幕内下位の方に目を向ければ、あの里山が
8場所ぶりに幕内復帰ですか。

これは歓迎したいですね。

現在の角界では、珍しくなった、小兵の
技巧派。

時間的に、なかなか見られない時間帯では
ありますが、なんとか、里山の相撲はなるべく
見たいという気にさせられますね。

期待したい。

最後に、東の12枚目でとどまった遠藤です
が・・・大丈夫なんですかねえ、名古屋場所は?

なかなか動向が聞こえてきませんが、
「知らせがないのは良い知らせ」という
ことか。

先場所は後半戦になって、相撲勘が戻った
のか、白星を重ねていきましたが、まだまだ
油断はできません。

ちょっとしたことで、大ケガにつながり
かねない。

だましだましで相撲は長く取れないと
思うのですが・・・。

里山あたりと対戦した時に、考えられない
技を繰り出されて、ケガにつながらない
ことを願うしかありませんね。

名古屋場所の初日は、7月12日ですか。

早いですねえ。

初日近くになったら、【展望】を出したい
と思います。

こちらも、どうぞ、お楽しみに。



*非常にコンパクトにまとまった好著です。↓


posted by あらやまはじめ at 13:06| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村