2015年05月28日

今週の「週刊新潮」に「照ノ富士を先物買いした『お目の高い彼女』」の記事が・・・一方の「週刊文春」では「白鵬引退のすすめ」とは、一夜にして変わりますなあ、立場というものは

相撲人気の回復が巷間叫ばれていますが、
思わぬところでそれを実感しますね。

例えば、新聞に載っている週刊誌の広告
なんかは、好例です。

ちょっと前までは、相撲の話題が週刊誌
に載るなんてことは、ほとんどなかった。

それが、ここのところ、毎週のように、
どこかに記事が出ている。

やっぱり、「相撲人気は回復した」ん
ですよ。

こういうのを見てもね。

今日は木曜なので、「週刊新潮」と「週刊
文春」の広告が載っていましたが、非常に
対照的でした。

相撲の話題に関して言えば。

私は、午後にでも「週刊新潮」を買いに
行こうと思っていますが、「佳子さま」
の次に大きな見出しを飾ったのが、
照ノ富士ですよ。

照ノ富士は、昨日、使者を迎えて、口上を
述べては、正式に大関に昇進しましたが、
こういう「旬の男」を週刊誌が放っておく
わけがありません。

早速出ました。

次の記事が。

・「照ノ富士」を先物買いした「お目の高い
彼女」


まあ、照ノ富士は独身なんですから、彼女
がいたって別にいいじゃないかと思います
が、「先物買い」という表現がすごいです
よね。

先物買い。

そう言えば、照ノ富士が賜杯を受け取る
直前に、花道の奥に、「ボディコン」風の
服を着た女性に、なんとも言えない違和感
を感じましたが、ひょっとして、あの女性
かな?

まあ、後程、記事を読んでチェックしたい
と思います。

いいんじゃないですか。

早いうちに結婚できるなら、した方がいい
ですよ。

その方が相撲に集中できるしね。

一方、「週刊文春」の広告も見ましたが、
こちらは、白鵬に関する記事タイトルが
刺激的でした。

・負けると不貞腐れ「愛人報道」の犯人探し
白鵬引退のすすめ


そう来ますか?

確かに、負けが込んでからの白鵬は、先場所
同様、報道陣に対して「貝に」なりました。

私も先場所だったかな、当ブログで、報道陣
を敵視するような態度を見せる白鵬に対して
「改善されないなら、廃業すべき」といった
記事を書いたことがあります。

自らの首を絞めるような態度は、何もいい
結果をもたらさないと思いますがね。

「週刊文春」の記事に関しては、内容が
だいたい予想できますので、「立ち読み」
程度で済ませたいと思いますが、「週刊
新潮」の照ノ富士についての記事と比べる
と、「こうまで変わるものか、立場という
ものは」と感じます。

一夜にして変わった。

これからは、報道陣も照ノ富士の周辺に
集まることになるんでしょうねえ。

白鵬のところに行っても、そっぽを
向かれるわけだしね。

自業自得と言えば、自業自得ですが、
白鵬にとってみれば、注目度が下がる
ことで、これからは気楽に相撲が取れる
ようになるんじゃないかな。

記事を読んで、特筆すべきことがあれば、
追記の記事を書きたいと思います。



*今週の「週刊新潮」と「週刊文春」は
ネットでも買えます! ↓




posted by あらやまはじめ at 12:17| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村