2015年05月27日

【平成27年大相撲夏場所総括・平幕編】東筆頭の宝富士の勝ち越しを、私は最大限に褒め称えたい・・・遠藤は、今でも、全休すべきだったと私は思っています

今日は【総括】の三役編をやりますが、
その前に…。

今日、使者が訪れて、照ノ富士の大関
昇進が正式に決定しました。

まあ、分かりきっていたことではあり
ますが、これはこれで良かった。

照ノ富士、土俵以上に緊張した面持ち
でしたがね。

初々しい。

さて、平幕の総括です。 

触れたい力士はたくさんいますが、上
から順を追って、語っていきましょう。

まず、東の筆頭の宝富士から。

私は、この力士を最大限に褒め称えたい。

ここ数場所、平幕の上位で勝ち越すも、
三役になかなか上がれなかった。

普通なら、腐りかけても仕方がない。

ところが、今場所は序盤は苦しむも、
後半に巻き返し、見事に9勝を挙げて
は、来場所の三役を確実にしました。

これねえ、伊勢ヶ浜部屋で稽古をして
いるからという声が聞こえます。

それはそうですが、それだけでは
上がれませんよ。

やっぱり、既に力が付いてきている
ところに、照ノ富士のような稽古相手
に恵まれた。

相乗効果というかね。

昔、九重部屋で、千代の富士と北勝海
が切磋琢磨しているときに、孝ノ富士
が上位に上がってきた時のことを思い
出しましたよ。

三役に上がっても、それなりに相撲が
取れると私は予想しています。

年齢は28歳ですが、これから大関に
上がる可能性だって、全くないわけ
じゃない。

いや、むしろ、「遅咲きの星」に
なるのではないか。

いやが上にも、期待は高まりますよ。

宝富士には、頑張ってほしいと思い
ますねえ。

西の筆頭の栃ノ心も9勝で、来場所、
久々に三役に戻ってきます。

この力士は、前半戦、1勝5敗から、
よくここまで盛り返しましたよ。

下の力士に負けない底力を改めて
見せたというかね。

がっぷり四つになれば、横綱相手でも
引けを取らない相撲が取れる栃ノ心は、
私は宝富士同様、「大関候補」と見て
います。

本格派ですよ。

こういう力士こそ、大関に上がって
有無を言わせない力相撲を取って
もらいたいなあ。

東の3枚目で勝ち越した佐田の海も、
来場所は三役は難しいでしょうが、
いずれ上がるでしょう。

私は佐田の海に殊勲賞を上げても
よかったと思う。

優勝した照ノ富士を初日に破り、
日馬富士にも勝ったわけですから。

どうも、三賞の選考基準がやたらと
厳しくなっている現状を憂いますね。

東の3枚目で横綱を倒し、優勝力士を
倒し、勝ち越すというのは、なかなか
できることではありませんよ。

西9枚目の遠藤についても一言触れて
おきましょう。

結果的には6勝まで勝ち星を挙げたん
ですね。

後半は5勝1敗。

これ、どう見ればいいんですかね?

私は来場所以降のことを考えれば、
今も「全休すべきだった」と思って
います。

左膝が使えない状況で、小手先の相撲で
後半戦、慣れてきたこともあるのでしょう、
星を挙げましたが、来場所につながるかと
言えば、疑問しか残らない。

まあ、14日目に休場した豪栄道なんか
と比べれば、遠藤は賞賛されるべき
なのでしょうが、諸手を挙げて、と
いうわけにはいきませんねえ。

問題は来場所以降です。

6勝を挙げましたから、平幕には残る
でしょうが、今場所と同様の相撲しか
取れない可能性は残ります。

というか、その可能性の方が高い。

結果的に、来場所幕尻で負け越して、
十両に落ちることを考えれば、今場所
休んで、来場所十両でやり直した方が
良かったと、今でも私は思っています。

もっとも、こればかりは遠藤の決断
ですから、これ以上は言えませんがね。

幕内では、こんなところでしょうか。

だいぶ下になりますが、宇良が序ノ口
で優勝したことが、特筆すべきことと
言えば、そうなりましょうか。

大相撲中継で宇良の取組を一番、
どこかで見ましたが、やっぱり、相当
イレギュラーな相撲を取る力士です。

これから上に上がってきたら、面白い
存在にはなるでしょうね。

昔の舞の海のように。

だいぶ先の話にはなるでしょうが、
こういうところにも注目していきたい
と思いますね。



*これは、「月刊相撲」の5月号ですが、
近々発売される6月号も、文句なしで
照ノ富士が表紙でしょうなあ。↓


posted by あらやまはじめ at 21:21| 神奈川 ☁ | TrackBack(0) | 宝富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村