2015年05月15日

引退した38歳の扇富士に金星を捧げたかった安美錦・・・こういう話を聞くと、やっぱり勝たせてあげたかったとも思いますねえ

昨日、当ブログの【速報】でも白鵬と
安美錦の一番は詳しく取り上げました
が、今朝の東京新聞のスポーツ欄でも
やはり大きく取り上げられていました。

翌日の新聞で相撲記事をチェックする
ことの利点は、「裏話」というか、
その相撲にかけた「背景」が聞けると
いう点にあります。

絶対にチェックしておかないと。

今日は、安美錦の「裏話」を読んで、
ちょっと考えさせられました。

扇富士(おおぎふじ)。

この力士、私は初めて知りましたが、
なんと15年半も安美錦の付け人を
続けたと。

その扇富士は4月末で引退しました。

新十両の頃から付け人を続けてくれた
扇富士と「白鵬対策」を練っては、
安美錦、何とか勝ちたいと思った。

それが、引退した扇富士へのはなむけ
にもなるだろう。

あと一歩だったことは、昨日の【速報】
でもお伝えしましたが、東京新聞の記事
によれば、安美錦、取組後は目を真っ赤
にしては、言葉を震わせたと。

この一番にかけた思いが、文章からも
ひしひしと伝わってきます。

勝負事ですから、思うようにはなりません
し、相手が大横綱ですから勝つチャンスも
なかなかないことは承知の上で、こういう
話を聞けば、「たまには安美錦にも勝たせて
あげたい」とも思いましたね。

ましてや、両膝を長いこと痛めていて、
包帯でグルグルと巻いている姿は、見る
からに痛々しい。

「千載一遇のチャンスを逃した」と私は
昨日表現しましたが、白鵬戦には善戦して
いる印象が強いものの、対戦成績はこれで
白鵬の36勝4敗。

うーん・・・。

考えさせられますなあ。

勝負は勝負だけどねえ・・・。



*安美錦のカード、アマゾンで発売されて
います! ↓


posted by あらやまはじめ at 12:57| 神奈川 | TrackBack(0) | 安美錦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村