2015年05月13日

【平成27年大相撲夏場所・四日目速報】佐田の海は、立派な初金星ですよ、おめでとう!…四連敗の遠藤には、今日の安美錦の立ち合いを見習ってほしいですね

結びに波乱がありました。

日馬富士と佐田の海の一番。

最初の取組で、日馬は立ち合い、
すぐに左上手をつかんで、投げに
行きました。

ところが、佐田の海も土俵際、捨て身
の投げで、両者、「体が飛んだ」。

行司軍配は日馬に上がりましたが、
物言いがつきました。

これ、協議が長引いたのは、理解でき
ます。

両者の体が飛んだときに、死に体に
なっていたかどうかを判断するのが
焦点でしたから。

しかし、元武双山の藤島親方の説明は
明快でしたね。

「佐田の海の体が返っていたのと、
日馬富士の体が飛んだのが同時と見て、
取り直しとします」

これなら、誰もが分かります。

藤島親方に拍手を送りたいですね、
私は。

いつも、審判部長の説明は「分かり
にくい」というのが相場でしたから。

で、取り直しとなった一番ですが、
日馬が右ののど輪から一気に前に
出るも、土俵際、佐田の海が左足
一本残って、うまく日馬の腕を
たぐって、突き落としました。

取り直しの相撲で初金星というのは
珍しいんじゃあないですか。

力が付いてきた証拠ですよ。

佐田の海には、おめでとう、と
言いたいですね。

さて、今日は取り上げたい相撲が
多いのですが、四連敗の遠藤に
見習ってほしい一番がありました
ので、そちらの取組に少し触れ
ましょう。

安美錦ですよ。

今場所の安美錦は、遠藤同様、先場所
ケガをして、苦しい土俵が続いています。

もっとも、安美錦の場合、膝の状態は
ずっと悪く、両膝にサポーターを巻いて
いる姿がお馴染みとなってしまいました。

それでも、今日、琴奨菊に勝ちました。

立ち合いの注文相撲で。

これを見ていて、お客さんからの
ブーイングはほとんどなかった。

なぜか?

安美錦が「考えて」相撲を取っている
ことを、お客さんも知っているから
ですよ。

お楽しみの「殊勲インタビュー」では、
安美錦は「ケガしないように相撲を
取る」と笑顔で語っていました。

これを、遠藤にも見習ってほしい。

言い方は悪いかもしれませんが、遠藤は
ケガをしているのに「バカ正直」な相撲
を連日取っては、負け続けている。

なんでしょう、遠藤は何を、誰を目指して
いるんでしょうか?

ケガをして、左膝が使えないのに、正面
から当たる相撲ばかり取っていては、
勝てるわけがありませんよ。

対戦相手だって、生活がかかっている
んだから。

「もっと、ズルくなれ」と言いたい。

立ち合い、考えた末ならば、今日の
安美錦のように変化したっていいじゃ
ないですか。

それで勝って、けなすお客さんなど
いませんよ。

今日の遠藤の一番は、たまたま見ること  
ができましたが、佐田の富士に一方的に
押し出されて敗れました。

こんな相撲を取るなら、休場した方が
いい。

出るからには、変化してでも、勝た
ないと。

お客さんにも失礼ですよ、逆に。

最後に、大砂嵐が豪栄道を破った一番
についても一言。

あの立ち合いからのもろ手突きは、今後、
上位陣の脅威となるでしょう。

明日の日馬富士戦も期待できるんじゃあ
ないですか。

今日は大関陣が全員敗れました。

横綱大関陣で、全勝はいなくなりました。

白鵬が初日に敗れたのに、そのチャンスを
誰も活かせない。

困ったものですなあ、毎場所のことですが。

明日は締まった土俵を見せてほしいもの
です。

posted by あらやまはじめ at 18:59| 神奈川 ☀ | TrackBack(0) | 佐田の海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村