2015年04月27日

【平成27年夏場所・番付発表!】照ノ富士は、優勝争いに絡んで12勝を挙げれば、来場所は大関昇進で間違いないでしょう…久々に上位に戻ってきた大砂嵐にも期待ですね

来たる大相撲夏場所の番付が、今日
発表されました。

ちょっと、見ていきましょうか。

なんと言っても注目は、先場所、
関脇で13勝を挙げた照ノ富士です。

もちろん、今場所も東の関脇で
据え置きになったわけですが、
今場所の成績次第では、来場所、
大関昇進の可能性もあります。

そのデッドラインは、いろいろと
言われていますが、私は「優勝争い
をしての12勝」と見ています。

先々場所は、筆頭で8勝でした。

直前三場所の目安は「三役で33勝」
とされていますが、先場所は千秋楽
まで優勝争いをしました。

これは、大きいですよ。

先々場所の筆頭での8勝は、「三役での
8勝」と見ても差し支えはないことを
証明したと言ってもいい。

あまり、関係ありませんよ、はっきり
言って。

ようは、「直前で33勝」すればいい。

ましてや、先場所に引き続き、今場所
も優勝争いに絡めば、間違いなく大関
の声はかかります。

12勝が目安でしょう。

白鵬に勝てば、11勝でも声がかかり
ますよ、状況次第では。

夏場所の最大の関心事ですな、これは。

他に注目すべき力士はたくさんいます
が、私が新番付を見て「おっ」と思った
のは西の3枚目に上がった大砂嵐です。

思っていたよりも上がりましたね。

久々に幕内上位に戻ってきて、今場所
はどんな相撲を見せてくれるのか。

以前のような、かち上げ一辺倒の相撲は
取らないでしょう。

「かち上げなし」でどれだけ上位に通用
するのか、見ものではあります。

臥牙丸も東の6枚目まで番付を戻して
きました。

成績次第では、上位とも当たる位置です。

私が注目しているのは、出身国が「グル
ジア」から「ジョージア」に表記が変更
したという点です。

日本政府が変えましたからね、これは。

これを臥牙丸は歓迎しているという話を
聞きました。

こういう、精神面での変化は、案外
あなどれません。

先場所は11勝でしょう?

今場所も期待が持てると思いますよ。

また、西の9枚目に下がった遠藤ですが、
今場所は出場するんですかね?

スポーツ紙でチェックする限りでは、
「出場する」意向を示しているよう
ですが、ケガの状態は実際のところ、
どうなのか?

無理して出場して、ケガをこじらせて
しまっては、どうにもなりません。

私が当ブログでなんぼ「公傷制度の
復活」を叫んでも、誰も聞く耳を
持たない現状では、遠藤も出たがる
気持ちは分からないではありませんが、
ケガの状態が治っていない状況であれば、
休場すべきですよ。

今場所全休でも、来場所は十両の上位
です。

ケガを治して、十両で全勝優勝して、
また戻ってくればいいんです。

中途半端が一番よくない。

ここは、遠藤並びに追手風親方の決断
次第ですが、どちらにしても、万全を
期してほしいと思いますね。

夏場所まで残り、2週間を切りました。

全力士には、体調に気を付けて、初日を
迎えてほしいと思いますね。



*読み応えたっぷりです、今月の「大相撲
ジャーナル」は。↓


posted by あらやまはじめ at 21:39| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村