2015年03月25日

【平成27年大相撲春場所総括・平幕編】遠藤と安美錦の途中休場は、残念としか言いようがありませんでした・・・逸ノ城は、先場所の反省を踏まえて、明らかにレベルアップしましたよ

今日は【総括・平幕編】です。

東の筆頭から見ていきましょう。

まず、栃煌山ですが、上位戦が続いた
前半戦はふがいない相撲が続き、今場所
はどうかと思いましたが、中盤以降は、
「実力者」の力の違いを見せつけたと
いうかね。

やっぱり、この力士のレベルはかなり
高いですよ。

上位との差はありますが、下位との差も
かなりあります。

大関になるには一歩足りないという感は
ありますが、前頭に置いておくには
もったいない。

最近では、関脇で数場所耐えた豪栄道の
ように、耐えて耐えて、負け越さないよう
にすれば、いずれは大関になるチャンス
も出てくるのではないでしょうか。

「大関候補」と呼ばれて久しい栃煌山
ですが、あと一歩ですね。

力はあるんだから、腐らずに頑張って
ほしいですよ。

西の筆頭の逸ノ城に関しては、先場所
負け越したこともあり、どうなるか
心配な面がありましたが、ほぼ杞憂に
終わりました。

場所前、立ち合いの突き押しの稽古を
していたことは当ブログでも少し触れ
ましたが、押し相撲がレベルアップ
しましたよ。

明らかに。

先場所の反省が活かされたと思います。

来場所は三役復帰が濃厚です。

組んだ相撲は取れるのだから、あの大きな
体を生かして、突き押しを覚えれば、
これは脅威です。

夏場所までの稽古、充実したものになる
ことを願っています。

西の2枚目の宝富士は、先場所千秋楽で
負け越し、三役を逃しましたが、今場所
は千秋楽でなんとか勝ち越しました。

この力士も、場所毎に、着実に力を
つけています。

何より、下位の力士への取りこぼしが
少ないというのが、将来性を感じさせ
ます。

宝富士の相撲を見ていると、ちょっと
昔の話になりますが、隆の里を彷彿と
させるような気がしてきました。

宝富士が筋力アップのために、筋トレ
をやっているのは角界では有名な話
ですが、隆の里のような「ポパイ」
並みの筋肉の鎧をつけることができ
れば、突然変異で一気に大関にかけ
上がる可能性もありますよ。

来場所は、他の力士との兼ね合いも
あり、三役昇進は厳しい状況ですが、
大丈夫、近いうちに上がりますよ。

頑張ってほしいですね。

西5枚目の遠藤、さらには東6枚目の
安美錦がそれぞれ途中休場したのは、
残念としか言いようがありません
でした。

特に、安美錦は7日目まで全勝でしたし、
下手したら初優勝を狙えるかもしれない
と私は密かに思っていました。

元々、ヒザに爆弾を抱えている力士です
から、無理はできませんが、今場所は
体が動いていただけに、もったいなかった。

とはいえ、休場するまでに勝ち越しを決め
ていましたから、来場所は上位に戻って
きます。

ケガの具合が心配ですが、治れば、当然、
期待が持てる力士の一人です。

遠藤も、安美錦ほどではないにしろ、
好調だっただけに残念でした。

「公傷制度」の復活を私はずうっと叫んで
いますが、依然、相撲協会も横審もなんにも
取り上げる気配はないようですねえ。

本当に、相撲が好きなのか、あの連中は?

特に、横審のレベルの低下は目を覆う
ばかりです。

内館牧子さんあたりを、もう一度呼んだ
方がいいんじゃあないですか。

真剣に考えてほしい。

幕内下位の取組、今場所、私はほとんど
見ていなかったので、語れることは少ない
のですが、大砂嵐と千代鳳が11勝ですか。

大砂嵐は、一時、かち上げでちょっとした
旋風を巻き起こしましたが、その後は、
かち上げが注意され、相撲に迷いが出た
ように思います。

今場所の相撲を見ていないので、なんとも
言えませんが、11勝したということは、
少しは迷いが消えたのでしょうね。

来場所は上位に戻ってきます。

ここで、どういう相撲を見せてくれるのか。

楽しみです。

また、千代鳳は、千秋楽、逸ノ城戦、
私も見ていましたが、倒れた際に、
逸ノ城がヒザの上に乗る形となり、
立ちあがるのも困難な様子だったのが
気にかかります。

せっかく上位に戻るのに、万全ではない
となると、厳しいかなあ。

つくづく、「ヒザのケガ」が多い場所
でした。

これ、何か原因があるはずですが・・・。

ちょっと、すぐには答えが出ません。

私も考えてみます。

【総括】は以上です。

十両の若手力士についても取り上げたい
ですが・・・見ていませんので、語れません。

来場所は、少しは幕内下位や十両の取組
も見られるようにしたいと思います。

さて、夏場所まで時間がありますが、
今回も話題は尽きない可能性が高いです。

また、ちょくちょく記事を書いていきたい
と思います。



*依然、人気がありますね、この雑誌は。↓

posted by あらやまはじめ at 22:49| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村