2015年03月18日

東京新聞の相撲記事、「旭天鵬 先駆者に敬意」は読ませましたねえ・・・幕内685勝で高見山さんを抜いても「数字だけ」と・・・

私は毎晩、【速報】記事を出しています
が、それだけだと、どうしても足りない、
触れられない話題が出てきます。

今朝、購読している東京新聞の相撲欄に
掲載された記事を見て、私はどうしても
この力士をどうしても取り上げたくなり
ました。

旭天鵬ですよ。

今場所は西前頭11枚目ということで、
私も旭天鵬の相撲はほとんど見ていま
せんが、昨日、松鳳山を破り、5勝5敗と
し、来場所の幕内残留を決定づけると
ともに、幕内通算685勝を達成しました。

これは、あの高見山さんを抜く、歴代
8位の記録です。

しかし、旭天鵬は高見山さんに敬意を
表しては、「数字だけだね」と語って
います。

「おれは6人で、あの人は1人。耐えて、
耐えてやっていた時代」

確かに、高見山さんの時代は、活躍する
外国人力士は彼だけでしたからねえ。

仲間5人と一緒に来日した自分とは、
高見山さんはレベルが違うと。

こうして、先達に敬意を表する謙虚さ、
改めて私は旭天鵬という力士が好きに
なりましたね。

来場所、幕内残留となれば、幕内在位
98場所で、高見山さんを抜いて歴代
2位になります。

「勝つと、欲が出る」と豪快に笑う
旭天鵬。

明るさも彼の魅力の一つ。

こういう力士は、一日でも長く、土俵に
上がり続けてほしいものですよ。



*旭天鵬についての記載もあります。↓

posted by あらやまはじめ at 12:13| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旭天鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村