2015年03月17日

【平成27年大相撲春場所・十日目速報】琴奨菊のがぶり寄りを物ともしない照ノ富士は、風格さえ出てきました・・・元豊真将の立田川親方の初解説、現役時代同様、実直で好感が持てましたね

今日のNHKの大相撲解説は、元豊真将の
立田川親方が初解説でしたが、全体を
通して、現役時代の取り口、あるいは
立ち居振舞い同様、実直で、好感が
持てましたね。

この人は、これから現役時代以上に
人気が出るのではないかと思いますよ。

なにしろ、こういう力士は「絶滅危惧種」
とでも言いましょうか、いないに等しい
ですからね。

現在の土俵では。

今後の立田川親方にも注目していきたい
と思います。

さて、今日の土俵ですが、やはり私は
照ノ富士を取り上げたいと思いますね。

連日、この力士を取り上げていますが、
取り上げ甲斐があるというかね。

今日の対戦相手は、大関の琴奨菊。

立ち合い、中に入った琴奨菊、一気に
がぶっていきました。

怒涛のがぶり寄り。

ですが、琴奨菊、まわしに手がかかって
いませんでした。

こうなると、威力は半減します。

残した照ノ富士は、左の上手に手がかかり
ます。

その上手を嫌って、琴奨菊、照ノ富士の
頭を押さえて、はたきに行きます。

これは珍しい。

琴奨菊が、このような相撲を取るのは
珍しいですよ。

しかし、珍しいからこそ、うまく決まら
ずに、呼び込んだ形となってしまい、自滅。

土俵際に呼び込んだ琴奨菊、あっさりと
照ノ富士に押し出されました。

琴奨菊自身が一番気付いたのではない
でしょうか。

この巨漢相手に、まわしを取らずに
がぶって出るのは危険であるという
ことが。

それくらいの力士に成長してきている
ということなんですよ、照ノ富士が。

今日も見どころたっぷりでした。

もはや風格さえ出てきたと思うのは、
私だけでしょうか。

一敗をキープ。

さて、もう一人の一敗力士だった
安美錦ですが、今日の徳勝龍戦で、
古傷の右ひざを痛めたことが分かり
ました。

VTRでその一番を見ましたが、押し
倒される際に、右ひざから崩れ落ちた
ような感じですね。

うーん、もったいない。

明日の出場は微妙ですかね。

出ても、相撲が取れるかどうか。

残念です。

さて、もう一番、稀勢の里と豪栄道の
一番もちょっと見ておきましょう。

6勝3敗同士。

しかし、ここ数日、本来の相撲を取り
つつある稀勢の里が、左を差して、
右上手もがっちりと取って、王道の
大関相撲で7勝目を挙げました。

このまま行ってほしいね、稀勢の里は。

うまく行けば、このまま残り全勝で12勝
という可能性も出てきましたよ。

白鵬とも互角の相撲は取れるでしょう。

今日の相撲を見る限りでは。

場所を面白くするためにも、終盤戦の
稀勢の里の役割は大事ですよ。

最後に、魁聖を破り、3連敗を逃れた
日馬富士について一言。

「ヤレヤレ」ですね。

今日も魁聖に右から抱えられ、危なかった
ですよ。

なんとか、慎重な相撲に徹して、最後は
左からの下手投げで勝つには勝ちました
が、ちょっと心配ですねえ。

日に日に、相撲が消極的になっている
のが気になります。

このままだと、千秋楽は、横綱決戦では
なく、白鵬と照ノ富士の対戦になるん
じゃあないですか。

白鵬が全勝、照ノ富士が一敗のまま行け
ば、そうなる可能性は高いですよ。

明日からいよいよ終盤戦です。

全勝の白鵬の相手は、照ノ富士ではなく、
豪栄道です。

ご当地場所。

意地を見せてみろ。



*照ノ富士の記事ももちろん載っています。↓


posted by あらやまはじめ at 18:43| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村