2015年03月11日

【平成27年大相撲春場所・四日目速報】震災から4年、30歳になった白鵬が逸ノ城を寄せ付けず…豪栄道、琴奨菊、照ノ富士も全勝と、今場所は引き締まってますよ、土俵が

東日本大震災の発生からちょうど
4年の今日、私も14時46分に1分間
黙祷をさせて頂きました。

私も「あの日」は実家がある仙台に
いました。

詳細は、私の他のブログ(ニュース、
荻窪えきさんのファンブログ)に今日も
書きましたが、「忘れないこと」、
これが一番大事だと私は思っています。

そんな中で行われた今日四日目は、
横綱、大関陣が揃って白星と、土俵も
引き締まりましたね。

今日に限らず、今場所は、まだ四日目
ではありますが、土俵が引き締まって
いると思いますよ。

東日本大震災が起こった3月11日は、
白鵬の誕生日でもあることは、相撲
ファンの間では広く知られています。

その白鵬、今日は逸ノ城と対戦しま
したが、全く寄せ付けませんでしたね。

幕内通算805勝目も挙げて、北の湖の
記録も抜きました。

今日あたり、報道陣にも口を開いて
いいんじゃあないですか。

横綱、みんな、あなたのコメントを
期待しているんだ。

今日くらいは、心を開いてほしい
ですね。

全勝を守った大関は、豪栄道も琴奨菊
も素晴らしい相撲を取りましたが、
ここでは豪栄道の一番をちょっと取り
あげましょう。

今日の対戦相手は、小学生の頃からの
ライバル、栃煌山。

立ち合い、一度、豪栄道は突っ掛け
ました。

仕切り直しで二度目の立ち合い、
豪栄道は見事でしたね。

すぐに、二本入って、もろ差しに
なりました。

ここで、待つことなく、一気に前に
出た。

栃煌山、何もすることができず、
土俵を割りました。

圧巻の大関相撲でしたよ。

目標の13勝は、あながち夢ではない
んじゃあないですか。

まだ、四日目ですがね。

期待が膨らみますよ。

最後に、新関脇では、あの貴ノ浪以来
の初日からの4連勝を達成した照ノ富士
について一言。

苦手な小兵の豪風相手に、よく見て、
落ち着いて取りましたね。

いつもなら、豪風独特のうまいはたき
を食らってもおかしくない展開でした
が、よくこらえて、押し出しましたよ。

横綱、大関、関脇に全勝がいる。

締まった、いい展開になってきましたよ。

明日の土俵も楽しみですね、これは。





posted by あらやまはじめ at 18:41| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村