2015年02月16日

白鵬が、入門同期の千昇の断髪式に参加・・・この千昇よりも、白鵬は期待されていなかったわけですから、やっぱり、驚きですよ

昨日のスポーツ紙の記事になります
が、今日のうちにどうしても取り上げ
ておきたい。

元十両の千昇(せんしょう)の断髪式
が14日にありました。

私はこの千昇という力士、知りません。

ですが、かの大横綱の白鵬と入門が
同期と聞けば、やっぱり、気にしない
わけにはいきません。

ちょっと調べて見ましたが、千昇は
白鵬よりも1歳年上ですが、「兄貴の
ように引っ張ってくれる」白鵬を親友
と慕い、「尊敬もしている」とも。

重ね重ねになりますが、白鵬は入門自体
が「奇跡」でした。

どの部屋にも誘われず、モンゴルに帰る
前日に宮城野親方に「拾われた」ことは、
今では有名な話です。

それが、こうなるのですから、やっぱり
相撲界は分かりません。

千昇は、31歳で引退しました。

白鵬よりも入門当時は期待されていた
はず。

それでも、最高位は十両にとどまりました。

今後はモンゴルで農業に励むという記事を
見ましたが、考えさせられますねえ。

千昇のこと、もっと大きく記事にして
ほしかったですよ。

それにより、いかに白鵬が苦労して、
ここまで強くなったのかをもっと
伝えてほしかった。

強くなってからの白鵬だけにスポット
ライトを当てるのではなく、弱い時代
を取り上げる絶好のチャンスでもあった。

それをやらずに、「謝罪問題」ばかりを
取り上げようとするから、白鵬だって、
感情的になる。

付き合い方が下手ですよ、スポーツ紙は。

いい機会を逃して、もはや、白鵬の
弁明の機会は永遠に失われたと言って
もいい。

伝え方が下手なマスコミのせいで、白鵬
もいらぬ苦労をする。

もう、スポーツ紙は「白鵬問題」について
触れる資格はないです。

というか、スポーツ紙の記者は、本当に
相撲が好きなのかねえ?

少なくとも、私が昨日読んだ日刊スポーツ
の記者は相撲が好きじゃないですよ。

好きなら、もっと千昇のことをもっと
大きく取り上げるべきでしたし、その
関連で「白鵬問題」を取り上げることも
できた。

何にもしていない。

もう、終わり。

スポーツ紙は白鵬に完敗しましたよ。

posted by あらやまはじめ at 23:02| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 引退関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村