2014年12月25日

【あらやまが見た大相撲この一年・平成26年夏場所】遠藤、鶴竜、稀勢の里、最後は横綱白鵬・・・白鵬が物言いを付けたのが、最も印象に残りましたね

おかげ様で、予想以上に大好評の
【あらやまが見た大相撲この一年】
ですが、今日は平成26年夏場所を
取り上げたいと思います。

ちなみに、昨日、来たる初場所の
番付が発表されましたが、その内容
に関して、さほどのサプライズも
ありませんでしたから、今回はその
感想については割愛をさせて頂きたい
と思います。

では、早速、夏場所を振り返ってみる
ことにしましょう。↓


・初日【速報】今日の主役は、遠藤でも鶴竜でもない、嘉風です!…明日の鶴竜戦が楽しみになってきましたよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140511-1.html

・二日目【遅報】鶴竜は、勢いのある嘉風相手に、体が動いていました・・・このまま、しばらく勝ち続けるんじゃあないですか
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140512-1.html

・三日目【遅報】若手は遠藤だけじゃない!…大関に初めて勝った千代鳳にも注目しましょうよ
http://sumoarayama.seesaa.net/article/396997813.html

・四日目【やや速報】圧巻の王道相撲だ、遠藤!・・・明日は全紙一面でお願いしたいね
http://sumoarayama.seesaa.net/article/397048070.html

・五日目【速報】ただのはたきでないところに、相撲勘の良さを感じますね、遠藤は
http://sumoarayama.seesaa.net/article/397109369.html

・六日目【超遅報】遠藤のおかげで、17年ぶりに前半戦平日満員御礼・・・今日の日馬富士戦も楽しみです
http://sumoarayama.seesaa.net/article/397234376.html

・七日目【速報】鶴竜の安易な引きは叱責もの…それでも、終止前に出て勝った千代鳳は褒め称えるべきです
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140517-1.html

・中日【速報】注文相撲の鶴竜にブーイング?…宮本慎也さんのコメントを観客にも聞かせたかったですよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140518-1.html

・九日目【遅報】大横綱の白鵬が圧倒的な力の差を見せつけ、電車道・・・遠藤は、千代鳳や嘉風の気合を見習うべきです
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140519-1.html

・十日目【速報】千載一遇のチャンスを逃した栃煌山…稀勢は優勝の絶好のチャンスですよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140520-1.html

・十一日目【やや速報】いなした白鵬が豪栄道に墓穴・・・稀勢の里は、明日白鵬に勝てば初優勝できますよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140521-1.html

・十二日目【やや速報】白鵬は、稀勢の里に圧勝するわ、結びの一番で物言いをつけては行司差し違えにするわ・・・名実共に、角界のリーダーにふさわしいですよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140522-1.html

・十三日目【速報】勢にも優勝の可能性?…四つ巴で、これは面白くなってきましたよ!
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140523-1.html

・十四日目【速報】命拾いだ、稀勢!…日馬は体は動いている、明日の白鵬戦は期待できますよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140524-1.html

・千秋楽【速報】大横綱の白鵬関、29回目の優勝、おめでとうございます!…稀勢の里は期待を裏切らなかった分、成長が感じられましたね
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140525-1.html

・【平成26年大相撲夏場所総括・三役編】期待されなかったからこその、稀勢の里の復活…期待される来場所、あなたは期待しない方がいいです
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140527-1.html

・【平成26年大相撲夏場所総括・三役編2】栃煌山の方が豪栄道よりも早く大関に上がる気がしてきましたよ
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140528-1.html

・【平成26年大相撲夏場所総括・平幕編】勢が終盤まで優勝争いに加わったことは特筆もの!…遠藤は人気に実力が追い付き始めてきました
http://sumoarayama.seesaa.net/archives/20140529-1.html


以上!

この場所は見どころが多く、総括を
三回に分けて行いました。

この場所の特徴は、前場所に引き続いて、
序盤は遠藤に注目が行き、次いで新横綱
の鶴竜、後半は優勝争いに最後まで加わっ
た稀勢の里と、うまい具合に注目力士が
分散されました。

最後は白鵬でしたがね。

なにより、白鵬が土俵下で物言いを
付けたというのが、今場所の最も印象に
残ったと言っても過言ではありません。

土俵上よりも、こういう異例のことが
記憶に残るというのはよくあること
ではありますが、それにしても、横綱
が物言いを付けるということは、逆に
言えば、「審判は何をやっているのか」
と言われてもおかしくはありません。

ましてや、白鵬の物言いで行司差し違え
になったわけですからねえ。

まあ、審判も大横綱には勝てないと
思ったというところが問題ですよ。

一人くらい、力士出身者以外の人材を
審判に入れてみるというのはどうです
かね?

これだけでも、全然違ってくると思う
んですがねえ。

考えさせられました。

さて、明日は名古屋場所を振り返りたい
と思います。

どうぞ、お楽しみに!



*すごいね、これは。↓

posted by あらやまはじめ at 22:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村