2014年11月24日

【平成26年大相撲九州場所総括・三役編】白鵬の素晴らしさだけでなく、鶴竜の横綱としての成長が見られた場所となりましたね…負け越した琴奨菊と豪栄道は一度関脇に落ちた方がいいですよ

昨日で、一年納めの九州場所も
終わりました。

今朝のスポーツ紙では日刊スポーツ
と東京中日スポーツで、優勝32回を
達成した白鵬を一面に持ってきました。

この白鵬の一面に関しては、後程、
私の公式ブログでも取り上げたいと
思いますので、しばしお待ち下さい。

さて、恒例の【総括】ですが、まず
今日は三役力士について取り上げます。

大鵬さんに並ぶ優勝32回を達成した
白鵬については、昨日の当ブログでも
取り上げました。

公式ブログでもこれから取り上げます
ので、ここでは割愛させて頂きます。

その白鵬と最後まで優勝争いを演じた
鶴竜について一言。

結果的には「準優勝」となりましたが、
大相撲では準優勝は評価されません。

しかし、今場所の鶴竜に関しては、
私は絶賛したいですね。

白鵬が高安にまさかの金星を許して
から数日間、優勝争いのトップを走り
ました。

横綱としての初優勝には一歩届きません
でしたが、この経験は来場所以降に
つながりますし、なにより前に出る
相撲が今場所は目立ちましたよ。

重ね重ね残念だったのは、12日目の
豪栄道戦です。

勝てばいいというものではないことが
鶴竜には身に染みて分かったこと
でしょう。

来場所以降に生かされるはず。

そう信じたい。

成長は見られましたよ。

来場所は優勝候補に上がるはずです。

日馬富士は、場所前、出場が危ぶまれ
ましたが、尻上がりに調子を上げて
いきました。

しかしねえ、やっぱり、序盤で連敗
したことで、優勝争いから脱落したこと
は、横綱としては残念でしたなあ。

鶴竜に勝って、意地は見せましたがね。

とにかく、来場所は万全の状態で
戻ってきてほしいですよ。

まだまだ、取れます、この横綱も。

大関陣は、毎場所のことですが、
今場所も期待外れに終わりました。

既に稀勢の里には期待はしておらず、
というか、期待してはいけないとさえ
思っていますが、今場所は11勝した
のですから、最低限の仕事はしたと
言っていいのではないでしょうか。

むしろ、問題は琴奨菊であり、豪栄道
です。

豪栄道は先場所大関に昇進したばかり
ですが、ケガが治っていないのでは
ないか。

考えられない相撲ばかりが目立ちました。

断じて大関の相撲ではありませんし、関脇
時代の豪栄道の相撲からも程遠かった。

また、琴奨菊は、隔場所ごとに負け越して
いる印象があります。

この両者は一旦、関脇に落とした方がいい
ですよ。

関脇に落ちて、二桁勝つ大変さを思い知ら
なければならないとでも言いましょうか。

大関にいれば、極端に言うと、二場所に
一回8勝すれば、大関の地位を保てます。

ですが、我々視聴者、並びに相撲ファン
からすれば、そんな「協会の看板」は
いらないんですよ。

ましてや、下からは逸ノ城を筆頭として、
新たな風が予想以上の速さで迫ってきて
います。

待ったなしですよ、もう。

関脇は東西とも勝ち越しました。

東の碧山は、千秋楽に勝ち越しました
が、もっと早くてもよかった。

立ち合いの圧力、もろ手押しの圧力は
角界一と言ってもいい。

突き押しの相撲に徹してねえ、
極めれば大関は近いと思いますよ。

西の逸ノ城は、新三役、しかも幕内
二場所目で勝ち越したのは、やはり
「規格外の力士」を証明したとでも
言いましょうか。

課題はあります。

山ほどある。

でもね、髷に触らないようにする
ことを除けば、私は放っておいても
自然と大関に上がるのではないかと
予想しています。

右手を相手の首に巻いて、左からの
上手投げ、いわゆる「逸ノ城スペシャル」
は見応えはありますが、危ういですよ。

そんなことをしなくても、右四つで
十分勝てる力があるのですから、
年末年始は四つ相撲の稽古に徹底して
ほしいですね。

三役編はここまでにしましょう。

明日は、平幕編をやります。

平幕は山ほど言いたいことがあります。

どうぞ、ご期待下さい!

posted by あらやまはじめ at 18:11| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白鵬32回目 優勝おめでとうございます!


白鵬はモンゴル人 日本人 ○○人を越えて
「相撲人」と言うカテゴリを確立したんだと思います。
Posted by 一ファン at 2014年11月24日 21:03
一ファン 様

コメント頂き、ありがとうございます!

「相撲人」と言うカテゴリですか?

粋な表現ですね!

賛成です。

相撲に人種は関係ありません。

強い力士が勝つもの。

おっしゃるとおりだと思いますよ。

また、何かお気づきの点があれば、よろしくお願いいたします!
Posted by あらやまはじめ at 2014年11月26日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村