2014年11月21日

「逸ノ城×栃ノ心」戦は、近い将来の「輪島×北の湖」戦になるでしょう…日馬富士に負けた鶴竜は昨日の「バチ」が当たったか?

力が入りました。

これぞ、大相撲!

まずは、二敗の栃ノ心と関脇の逸ノ城
の一番から見ていきましょうか。

この両者、先々場所、十両で本割と
決定戦で栃ノ心が勝っています。

逸ノ城にも、期するところがあった
でしょう。

立ち合い、両者とも、右四つ、左
上手と、すぐにがっぷり四つとなり
ました。

先般の十両の優勝決定戦と同じ形
です。

ここから、引き付け合い。

なかなか動かない。

長い相撲になる。

私はねえ、子供の頃によく見た、
「輪島×北の湖」戦を思い出し
ましたよ。

今日の相撲も一分を超えました。

逸ノ城が上手投げで栃ノ心の体を
崩して、最後は寄り切りました。

これねえ、私は近い将来の「横綱戦」
になるのではないかという予感が
してきました。

栃ノ心だって、まだ27歳です。

可能性はあるでしょう。

だとすれば、来場所以降の「名勝負」
になるのではないでしょうか?

栃ノ心は三敗に後退しましたが、
そんなことはいいんです。

来場所への楽しみを期待させてくれた
両者に拍手を送りたいですね。

さて、一敗の鶴竜と日馬富士の対戦
についても一言。

鶴竜は「昨日のバチが当たった」と
までは言いませんが、昨日の消極性
が、今日の積極性に水を差したと
いうかね。

対戦相手の日馬富士の立ち合いがまた
非常に良かったですよ、今日は。

今場所一番でしょう。

鶴竜は左上手に一瞬手がかかりました
が、深かったからねえ。

日馬は左からおっつけて、鶴竜の
右を取らせず、一気に前に出て寄った。

日馬の完勝。

鶴竜、ショックはデカイと思いますよ。

結びの白鵬と琴奨菊の一番も一言。

横綱、速いですよ、動きが。

速い。

速すぎる。

あれをやられたら、何もできませんよ、
相手は。

明日は日馬富士戦ですか?

今日、日馬がいい相撲を取ったのは救い
ですが…。

白鵬、断然有利だろうね、こうなると。

今場所、最大の一番になる可能性が
高い。

きちんと見ないとね、これは。




posted by あらやまはじめ at 18:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 栃ノ心 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村