2014年11月14日

立呼び出しの秀男、今場所千秋楽で45年の土俵人生に終止符・・・残り10日間の呼び出し、こころして聴かないとね

今日は【速報】の前に、一つ取り上げたい
話題があります。

私は今月初めから神奈川新聞を購読し始め
ましたが、その相撲欄に立呼び出しの秀男
についての記事がありました。

NHKの大相撲中継でも、結びの一番の場内
アナウンスでおなじみの「呼び出しは秀男」
が聞けるのは、今場所千秋楽が最後になって
しまうという・・・。

12月に65歳の定年を迎えるためですが、
記事を読めば、初土俵が1969年春場所
ですよ。

私が生まれる前の話です。

すごいねえ。

尊敬しますよ。

こういう人はね。

結びの一番の四股名を読み上げ始めた
のは、2003年秋場所。

白鵬が横綱になってからは、呼び出しは
ほとんど秀男だったということですよ。

秀男は白鵬の成長を見てきました。

インタビューでは、「優勝32回の記録を
見たい。白鵬の四股名を読み上げられない
のが一番悔しい」と言っています。

「呼び出しの秀男に捧げる、32回目の
優勝」となるのか、白鵬。

その暁には、ぜひ横綱の優勝インタビュー
で秀男について触れてほしいなあ。

こういう裏方さんがいてこその大相撲
でもありますからねえ。

残り10日間です。

こころして聴かないとね、秀男の呼び出しを。



*相撲の呼び出しに関する本は少ないです
が、ここには少し載っています。↓


ラベル:秀男 白鵬
posted by あらやまはじめ at 15:31| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村