2014年11月09日

【速報】「昭和の立ち合い」の逸ノ城は、「待った」がかかってもおかしくはなかった…それよりも、栃ノ心の動きの速さには驚きましたよ

さて、待ちに待った大相撲九州場所
が本日より始まりました。

今場所も【速報】をお伝えしていき
たいと思いますので、読者の皆様、
よろしくお願いいたします。

しかし、場所前からこんなに盛り上がり
を見せるのは何年ぶりでしょうか。

その盛り上がりを裏切ることなく、
初日の福岡は満員御礼です。

素晴らしいですよ。

嬉しい限りですね、こうして相撲が
世間から注目されるのは。

その注目を一身に浴びているのが、
逸ノ城です。

まずは、この新関脇が横綱の日馬富士
に挑戦した一番から見ていきましょう。

結果から言えば、日馬の圧勝に終わり
ましたが、私は逸ノ城の立ち合いに
注文を付けたい。

これ、「昭和の立ち合い」でしたよ。

先場所は、このような立ち合いはあり
ましたっけ?

逸ノ城、両手のどちらもついていない
ままに、相撲が始まった。

立ち合いは成立していませんでした。

行司は止めるべきでしたよ。

ですが、注目の一番で、行司もそれ
どころではなかったのかもしれない。

あの立ち合いで、「行司待った」を
かけるのは、無粋だと思ったのかも
しれない。

しかし、「待った」がかからなかった
が故、逸ノ城は一瞬「あれっ?」と
思ったのではないか?

思った時には完全に立ち遅れていま
した。

日馬の右からののど輪に、左からの
張り手で、立ち遅れた逸ノ城の体は
浮いてしまいましたね。

日馬の攻めは早かったですよ。

大丈夫でしょう、日馬は。

こういう相撲が取れればね。

しかし、今日のこの一番は「八百長」
とまでは言いませんが、ちょっと、
不完全燃焼とでも言いましょうか。

ああいう立ち合いはやめるべきです
し、行司も止めるべき。

福岡のファンのみならず、全国の
視聴者もがっかりだったことでしょう。

さて、その数番前に遠藤と、久々に
幕内に戻ってきた栃ノ心の一番があり
ましたが、これは見応えがありました。

ちょっと、振り返ってみましょう。

遠藤の立ち合いは悪くなかったですよ。

しかし、栃ノ心の相撲を久々に見ました
が、驚きました。

以前、幕内にいた時よりも攻めが速く
なっていました。

明らかに、レベルアップしている。

最後は、栃ノ心、外四つでしたが、
もろ差しの遠藤を難なく寄り倒し
ました。

栃ノ心は、先場所は十両で全勝優勝
しており、先々場所から20連勝。

この勢いは、フロックではないと
見ましたね、私は。

初日なので、もう一番。

豪栄道と宝富士の一番。

豪栄道、勝ち急ぎすぎです。

いわゆる、「手押し」。

足が全く出ていない。

だから、土俵際で、さほど強烈とも
思えない宝富士の肩透かしを食らう。

先が思いやられます。

他の上位陣は順当に勝ちました。

ちなみに、勝った宝富士は明日は、
逸ノ城と対戦します。

気をよくしている宝富士がどういう
相撲を取るのか、ちょっと気になって
きましたよ。

逸ノ城は、普段通りやれば、勝てます。

ですが、宝富士もなんやかんや言って
力を付けてきている。

明日の注目の一番と言えるでしょう。

明日も楽しみです。




posted by あらやまはじめ at 18:47| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 逸ノ城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村