2014年11月01日

日馬富士にはくれぐれも言いたい…無理は禁物、休場すべきです、というか、伊勢ヶ浜親方が休場させるべきです

今日の日刊スポーツの相撲記事を
読んで、私は驚きました。

右眼窩内壁骨折で、先場所途中休場
した横綱の日馬富士が、なんと、昨日
稽古を開始したと。

当初は、九州場所はおろか、失明の
危機もあるとのことで、初場所の出場
すら危ぶまれていました。

本人は「九州場所に出たい」と言って
いるようです。

これを、どう見るか?

私は、「無理は禁物」と声を大にして
言いたい。

というか、出ない方がいいですよ、
九州場所には。

リスクが大きすぎる。

昨日の稽古でも、26番取って、頭から
当たれた相撲は3番と記事にありました。

出場しても、まともな相撲は取れませんよ。

休場すべきです。

そして、じっくりと年内は休養して、
来年の初場所に進退をかけるべきです。

不十分な状態で土俵に上がられても、
視聴者はもちろん、協会も困るでしょう。

まだ、一週間あまり時間があるとはいえ、
休場すべきだと思います。

この状態で下手に出場して、また休場
なんてことになれば、来場所は本当に
「引退をかける場所」になってしまい
ますよ。

モンゴル出身力士で、このような経験を
した横綱は過去にいません。

であれば、伊勢ヶ浜親方が直言すべき
です。

休めば済む問題をこじらせてはいけません。

中途半端な状態で日馬富士を出場させて、
途中休場になって困るのは伊勢ヶ浜親方 
でしょう?

ダメです、休ませるべきです。

目の病気はそう簡単に治りません。

初場所に照準を合わせるべきです。

今からでも遅くない。

伊勢ヶ浜親方は日馬富士を休場させる
べきです。

posted by あらやまはじめ at 20:53| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日馬富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村