2014年09月21日

【速報】「遠藤ペンタゴン」はさておき、初白星の遠藤の今日の相撲は良かった…「逸ノ城スペシャル」は、来場所、上位に通用するか?

中日の今日、NHKの大相撲中継の
ゲスト解説に、私も好きな漫画家の
やくみつるさんが登場しました。

そのやくさんが「今日の一番」と
評した序盤の逸ノ城対隠岐の海戦を
まずは見ていきましょう。

隠岐の海はちょっと前まで小結で
相撲を取っていた実力者です。

その隠岐の海に当たってすぐに、
逸ノ城は左上手を取ると、右の腕を
隠岐の海の首に巻いて、投げを打ち
ました。

私は昨日の勢戦で、「不用意な投げは
打たない方がいい」と言いましたが、
今日の相撲を見ると、あながちそうでも
ないように見えます。

あっという間に、隠岐の海は投げられて
しまいました。

やくさんは、これを「逸ノ城スペシャルに
なるかもしれない」と言っていましたが、
果たしてどうか?

邪道と言えば、邪道なんですよねえ。

あれだけの大きな体で投げを多発する
力士を私はかつて見たことがありません。

それが、新たなスタイルになるのか
どうか、しばらく様子を見なければ
なりませんが、まずは来場所、上位に
上がったときに通用するかどうか、
これをチェックしなければなりません
なあ。

特に、白鵬と対戦したときに、あの
「スペシャル」が出るのかどうか。

見ものと言えば、見ものです。

今から来場所の楽しみが一つできました。

さて、やくさんは、また一つ新たな
命名を、全国中継で披露しました。

遠藤ペンタゴン。

これ、遠藤が好調時に、相手を押し
込んだ時の足の形が五角形であること
から名付けたとか。

私は聞いていて、「遠藤に限った話では
ないのでは?」と思いつつも、今日の
高安戦を注目しました。

その効果かどうかは分かりませんが、
今日の遠藤は良かったですよ。

立ち合い、突き押しに定評がある高安
相手に、頭から当たっていっては、
押していきました。

そして、すぐに右が入りました。

そして、前に出る。

高安、防戦一方のまま、土俵際へ。

遠藤は最後まで押し込んでは、
今場所初白星を挙げました。

上位には全くと言っていいほど通用
しなかった遠藤の立ち合いの当たり
ですが、幕内上位にはそれなりに
通用することが分かりました。

遠藤が、その存在感を今場所もし
見せるとすれば、例えば、これから
全勝して「7連敗の後、8連勝」と
でもいった「伝説」を作る以外には
ありません。

可能性は極めて困難ですが、挑戦して
ほしい。

さて、最後に、豪栄道と碧山の一番に
ついて少し触れましょう。

これは、なんと言えばいいのか。

立ち合い、豪栄道、低く当たりました
が、今日は碧山の突き押しが冴えて
いました。

調子のいいときの碧山の突きは、
リーチを利かせて、ポンポンと
出てきます。

今日は「はまった」と言っていい。

豪栄道もうまく回り込んでは、最後、
碧山を土俵際に押し込みましたが、
足がついていかなかった。

結果、はたきこみで敗れました。

今日は、碧山を誉めるべきでしょう。

豪栄道は、体は日々動けてきています。

大関だから、ここまで注目される。

5勝3敗。

新大関としては、まずまずですよ。

後半戦、依然楽しみであることに
変わりはない。

期待しましょう。


posted by あらやまはじめ at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村