2014年09月10日

幕下の達と一緒に写真に写った輪島さんは、もう声が出ないのか?…存在だけでも、まだまだ見せてほしいですよ

衝撃です。

今日の日刊スポーツの相撲欄を
見て、私は「えっ?」と言葉を
失いました。

元横綱の輪島さんが、とある
力士と写真に写っています。

その力士とは、幕下の達(たつ)
という力士です。

この達は、輪島さんの親戚だそう
ですが、それに驚いたのではない。

その写真の横には、何やら字が
書いてある。

その上には、「声失っても筆談で
激励」という見出しが。

輪島さん、なんと、咽頭がんの手術で
声が出なくなったと。

…全く知りませんでした。

今年7月に奥さんがテレビ取材で
明かしたそうですが、全く知らな
かった。

それで、筆談で激励をしたと。

優勝14回を誇る名横綱の輪島さんも
病には勝てなかったか。

しかしねえ、声が出ないこと以外は
元気だそうで、それは救いでも
あります。

輪島さんももはや、66歳。

過去にはいろいろありましたが、
相撲協会も輪島さんを許してやって
もいいのではないでしょうか。

輪島さんが復帰を嫌がっているので
あれば、仕方ないですが。

なにはともあれ、時代を築いた横綱
です。

声は出なくても、その存在感が今も
大きいことは間違いない。

輪島さんが元気なうちに、若手力士に
伝えられることも多いはず。

「黄金の左」をどうやって身に付けた
のか、とかね。

もっと、輪島さんの経験を活かす道は
あるはず。

まだまだ、輪島さんには頑張ってほしい
ですよ。

ラベル:輪島
posted by あらやまはじめ at 17:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の名力士たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村