2014年07月24日

【もう一つ、速報】元幕内のチェコ出身、隆の山が引退・・・細い体でよく頑張りましたよ、お疲れ様でした

先程、9時のNHKのニュースのスポーツ
コーナーを見ていたら、一人の元幕内
力士が引退を発表したことが報道され
ました。

隆の山。

チェコ出身の31歳。

隆の山に関する当ブログの過去記事を
自分で検索したら、5件出てきました。

(一応、コチラです。↓)

http://sumoarayama.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97%B2%82%CC%8ER&vs=http%3A%2F%2Fsumoarayama.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis

しかし、そのほとんどは当ブログ開始
前に「公式ブログ」で掲載した記事
でして、2011年の後半のものです。

ここ2、3年は幕内で活躍することも
なく、今場所も幕下に落ちていた
ことは知っていましたが、まさか、
今日の今日、引退するとはねえ・・・。

過去記事でも取り上げましたが、
隆の山は3年前、幕内で相撲を取って
いたときも、わずか98キロでした。

それでもねえ、多彩な技と土俵際の
粘りで、観客はもちろん、私も含めた
視聴者を多いに楽しませてくれましたよ。

「一時代を築いた」とまでは言いません
が、それでも、小兵力士の相撲の醍醐味
を久々に見せてくれたというかね。

私が子供の頃には、ああいう小兵力士
は、例えば、鷲羽山だったり、まだ
強くなる前の千代の富士だったりと
結構いた記憶があります。

しかし、近年では、現在解説者の舞の海
さん以降は、皆無に等しかった。

そこへ現れた、久々の逸材。

私はこの力士が、例えば三役に上がる
とは思えなかった。

舞の海さんの頃と比べても、大型化は
進んでいて、現在の相撲界では平幕が
やっとだろうと思っていました。

実際、そうなりましたが、考えてみれば、
異国の地からやってきて、しかも、
チェコ出身力士というのは初めて
でしょう。

そこで、あの軽量で幕内まで上がった
ということが奇跡なのかもしれません。

ここ数場所は、隆の山の相撲も見る機会
はありませんでしたが、明日以降、いや
来場所になるかもしれませんが、彼くらい
の力士であれば、NHKの大相撲中継で、
ゲストとして呼ばれる可能性は高い。

そこで、いろいろな話を聞きたいですね。

彼にしか分からないことは必ずあった
はずです。

そして、彼にしか提言できないことも
あるでしょう。

NHKでどこまで話せるか、という問題は
ありますが、できる限り、話してほしい。

千秋楽まであと3日を残しての引退は
至極残念ではありますが、彼には彼の
考えがあったはず。

尊重しなければね、元幕内力士なん
だから。

細い体で本当によく頑張ったと思います
よ。

お疲れ様でした、と言いたいですね。

そして、「ありがとう」とも言いたい。

隆の山関、あなたの相撲の足跡は消え
ませんよ。

posted by あらやまはじめ at 22:20| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 引退関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村