2014年07月22日

【速報】圧巻の相撲で稀勢の里を寄り倒した琴奨菊は、本気で優勝を目指すべきです…豪栄道は明日、白鵬に勝てるんじゃあないですか

今日の大相撲中継は17時20分頃から
見ましたが、毎場所恒例のゲストが
今日は出ていました。

中日、楽天などで活躍した「ミスター
イーグルス」の山崎武司さん。

私は親しみをこめて、あえて「タケシ」
と呼ばせて頂きますが、このタケシ、
随分と焼けていましたねえ。

また、元雅山の二子山親方の隣に
座っていましたが、親方よりも
大きかったんじゃあないですか。

普段野球を見ない視聴者にとっては、
インパクト大だったのでは?

でもねえ、楽天時代に何度もいい思い
をさせてくれたタケシが、中学生の頃
まで相撲を取っていたというのは、
知りませんでした。

こういう「好角家」がゲストに来て
くれるのは、うれしいですね。

さて、そのタケシも、「日本人横綱に」
と期待している稀勢の里が、今日は
今場所好調な琴奨菊と対戦しましたが、
まずはその一番をちょっと振り返って
みましょうか。

解説の二子山親方も予想していた
ように、私も上手の取り合いになる
だろうと思っていましたが、結果から
言えば、全く違いました。

琴奨菊は、今場所、8連勝の後、昨日
鶴竜に敗れ、「勢いもここまでか」と
私は思っていましたが、どっこい、
今日の稀勢の里戦では、立ち合いから
右差し狙いで来ました。

そこからは、一気のがぶり寄り。

虚を突かれたような稀勢は、右に
振るのが精一杯。

振られなかった琴奨菊、そのまま
寄り倒しました。

これで、9勝1敗でしょう、琴奨菊は?

私は、ここまで来たら、本気で優勝を
目指すべきだと思いますよ。

幸い、白鵬にだって、ここ最近は
何度か勝ってますしね。

カド番から綱とりへ。

夢物語ではない。

期待しましょう。

さて、その直後の鶴竜対豪栄道戦で
番狂わせがありました。

こちらも、結果から言えば、豪栄道
は今場所一番と言っていい、見事な
立ち合いでしたよ。

低く、強く当たってねえ、鶴竜は、
右に回り込んでしまった。

この「悪癖」は、横綱になったから
と言って、すぐに治るものでもなく、
今日も苦し紛れに出してしまった。

このはたきにより、豪栄道は、その
まま押し出した。

豪栄道、これで8勝2敗。

私はねえ、豪栄道には、この後、
全勝で場所を終えるくらいの覚悟で
相撲を取ってほしいと思いますね。

13勝2敗なら、来場所は誰が何と
言おうと、大関とりの場所になります。

なってほしい。

そのためには、明日の白鵬戦は、
何としても勝たなければならない。

過去3勝23敗ですが、この一年は
2勝4敗。

先場所も勝っています。

ここに来て、登り調子であることも、
期待に輪をかけさせる。

離れて取ることだね、豪栄道は。

離れて取れば、勝機が出てくる。

ここ数場所、離れて相撲を取ったとき
の横綱は、相撲が少々雑になりがち
です。

そして、離れたときに、横綱は
慌てて仕留めようとして、墓穴を
掘っている。

チャンスはありますよ。

私は豪栄道が離れて、早い相撲で
横綱を慌てさせては、機を見て、
一気に中に入り、土俵の外へ持って
いきそうな気がしてなりません。

まあ、なかなか予想通りには行かない
でしょうがね。

期待はできる。

楽しみでなりません。

明日が、今場所の最初の「天王山」に
なるかな?

posted by あらやまはじめ at 19:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 琴奨菊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村