2014年07月18日

【速報】大砂嵐のかち上げを封じた日馬富士は、ホッとしたのではないか?…しかし、2日連続の金星はお見事ですよ、大砂嵐は!

まず、今日最大の注目の一番を
振り返る前に、豊真将の休場に
ついて一言。

無念だね。

やっと上位に戻ってきたのにねえ。

豊真将の姿を見る度に思います。

公傷制度を復活すべきだと。

これ、ホント、早急にやるべきです。

でないと、真面目に相撲を取っている
力士がバカを見ることになる。

だれとは言いませんが、ベテラン
力士の中には、ケガを恐れて、土俵
際で全く粘らない力士もいる。

それも、公傷がないからです。

下手に粘ってケガでもしたら、
二度と幕内に戻ってこれないかも
しれない。

土俵をつまらなくしている遠因です。

場所が終わったら、相撲協会は
すぐに、議論を始めてほしい。

真面目に相撲を取っている豊真将の
ためにも。

…前置きが長くなりました。

今日最大の注目の一番、日馬富士
対大砂嵐を振り返ってみましょう。

立ち合い、日馬富士は、大砂嵐の
かち上げを相当意識していましたよ。

私はてっきり、日馬は張ってくるか
と思っていましたが、大砂嵐の右
からのかち上げを防ぐべく、左を
固めてきました。

立ち合いは非常に良かった。

ですが、日馬、大砂嵐のかち上げを
防いだことで、ホッとしたのではない
か?

あるいは、満足したのではないか?

日馬はきっと、「かち上げを止めた
から、楽勝だ」くらいに思っていた
のではないか?

日馬は、いつも通りに、圧力のある
押しで、大砂嵐を土俵際に追い込み
ます。

ですが、大砂嵐、簡単に土俵を割らない。

むしろ、余裕を持って残しては、
日馬をいなし、右に変わると、日馬、
たまらず、土俵に這った。

なんということだ!

NHKのアナウンサーが「日馬の自滅」
といみじくも語っていましたが、
全くその通り。

ですが、その自滅を誘ったのは、
大砂嵐です。

なにより、横綱に「考えさせた」。

これがすべてです。

日馬は考えた結果、大砂嵐の右の
かち上げを防ぐことに全力を尽くした。 

それは、成功しました。

ですが、その先のことは、大して
考えなかったのかもしれない。

日馬があんな負け方をするのは
珍しいですからね。

まさか、突き落とされるとは思って
いなかったのでしょう。

しかしねえ、日馬を嘆くよりも、
やっぱり、大砂嵐を褒め称えるべき
です。

なにより、横綱に考えさせた時点で、
相撲を取る前から勝っていたという
かね。

2日連続の金星。

お見事です。

お見事!

小錦に次ぐ、初土俵から15場所目の
金星は前日に挙げましたが、2日連続
というのは、割りの兼ね合いもあり
ますが、なかなか見られませんよ。

どうせなら、明日、白鵬戦を組んで
ほしかったですが、審判部もまさか
大砂嵐が2日連続で金星を上げるとは
思っていなかったのでしょう。

こればかりは仕方ありません。

後は、数日後には組まれるであろう、
白鵬戦だね。

天下の大横綱に対して、やはり、
大砂嵐はかち上げで来るのか?

横綱は、どう対処するのか?

久々にワクワクしてきましたよ。

日曜か月曜の3連休中に組んで
ほしいね、この一番は。

楽しみです。
posted by あらやまはじめ at 19:11| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大砂嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、思春期は公傷がありましたね。

10年前位かな、それを悪用して休場がかなりたくさんで、それからなくなったんですかねえ。

北の湖も確か、糖尿病や怪我してかなり公傷に
世話になってました。

専属の医師を雇い、重傷以外休ませない制度を。
Posted by あやたけ at 2014年07月18日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村