2014年07月17日

【速報】大砂嵐のかち上げを怖がり、変化した鶴竜に、こういうときこそ、横審は苦言を呈するべきです…それでも、初金星の大砂嵐には「おめでとう」と言いたいね

いやあ、驚きました。

結び前の鶴竜対大砂嵐戦。

大砂嵐は、横綱初挑戦。

大砂嵐と言えば、先般、稀勢の里
相手にも見せたかち上げが、賛否は
あるでしょうが、上位陣には脅威と
思われている。

その脅威をまざまざと見せた一番と
なりました。

鶴竜、立ち合い、なんと、少し右に
変化してきました。

これはねえ、横綱としては、消極的
でした。

それだけ、鶴竜は大砂嵐のかち上げを
怖がっていたという証拠です。

これは、横綱としては、取っては
いけない相撲でした。

上手を取って、巻き変えては、前に
出ますが、バタバタしているんです
よねえ。

だから、大砂嵐は土俵際でも慌て
なかった。

右からすくい投げを打つと、鶴竜、
あっけなく、その投げを食っては、
投げ飛ばされた。

この一番は、いろいろなことを考え
させられました。

まず、横綱たるもの、いくら「何を
やってくるか分からない」と思っても、
正面からぶつかるのが筋というもの
です。

思い出すのは、大横綱の千代の富士が
小錦と初めて対戦した時のことです。

千代の富士は、真っ向勝負を挑み、
小錦に吹っ飛ばされました。

あれは、少年時代の私も見ていました
が、衝撃の一番でした。

ですが、その後、小錦のいる高砂部屋
に何度も稽古に通っては、苦手意識を
克服し、ついには「カモ」にした。

それは、琴風に対しても同様で、そう
いう姿勢が、結果として、千代の富士
を大横綱にしたとも言える。

今日の鶴竜には、そのカケラも
なかった。

残念でなりません。

稀勢の里は、大砂嵐のかち上げを
まともに食らい、鼻血を出しました
が、それでも勝った。

片や、逃げた上に、土俵際で余裕を
持って残され、敗北を喫した鶴竜。

横審は、こういうときこそ、苦言を
呈するべきです。

…と、ここまで、鶴竜に対する、私なり
の苦言を呈しましたが、勝った大砂嵐、
これはやはり、褒め称えるべきです。

関取への称賛が遅れて、申し訳ない
気分です。

なにより、横綱初挑戦ですよ。

そこで、二場所目の横綱とはいえ、
立ち合いに変化をさせるほど、
怖がらせた。

相撲を取る前から、勝っていたと
言っていい。

ラマダンで、日中は、ご飯を食べられ
ないばかりか、水も飲めない。

そういう過酷な状況で金星を挙げた
というのは、手放しで褒めていい。

大砂嵐関、おめでとう!と言いたい
ですね。

明日は、一紙くらいは大砂嵐を一面に
してくれるかな?

期待してます。

さて、最後に、結びの一番で、右膝を
負傷した豊真将について、触れたい。

解説の北の富士さんも言っていました
が、「ついてない」。

ようやく、幕内上位に戻ってきて、
結びで相撲が取れるところまで来た
のに…。

豊真将という力士、私は昔から
好きでしてね。

礼儀正しいし、立ち合いもきちんと
両手をつく。

負けた後も、きちんと頭を深々と
下げる。

他の力士の、いや、全力士の模範
と言ってもいい。

そんな豊真将の痛々しい姿を見る
のは忍びない。

何もないことを祈りたいですが…。

明日の様子を見てでしょうなあ。

ホント、何もないことを祈りたい
ですよ。


posted by あらやまはじめ at 19:11| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 大砂嵐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしも、豊真将は真っ向勝負して気持ち良い
力士と感じます。

改名してはどうかなと思います。

Posted by あやたけ at 2014年07月18日 06:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村