2014年07月13日

【速報】遠藤を下した照ノ富士に限らず、逸ノ城を始めとして、下から虎視眈々と上位を狙っている力士はたくさんいます…ちなみに、稀勢の里への拍手、いい加減やめなさいよ

首を長くして待っていた大相撲
名古屋場所が今日から始まりました!

今場所も【速報】をなるべく毎日
出していきますので、皆様、どうぞ
よろしくお願いいたします!

さて、今日の大相撲ですが、中盤戦
からは比較的見ることができました。

名古屋場所でも遠藤への注目度は
凄まじく、懸賞も16本かかるなど、
今場所も注目の的であることは、
間違いない。

その遠藤、今日は新鋭の照ノ富士
との一番。

立ち合い、遠藤は左を差しますが、
照ノ富士、その左を抱え込みます。

画面からは見えませんでしたが、
遠藤、右も下手を引きました。

頭を付ける遠藤。

ここまでは良かった。

ですが、その後がいけない。

勝負が遅いんですよ。

一言で言って。

ここから、膠着状態が続き、遠藤は
右から内掛けを試みるなど、センスの
あるところを垣間見せますが、照ノ
富士には全く効いていなかった。

一方の照ノ富士、膠着状態から、右
上手を引いて、かいなを返しては、
「勝負疲れ」の遠藤をなんなく
寄りきった。

ちょっと、衝撃でしたね、この一番は。

遠藤が相手にするのは、上位陣では
なく、まずは、下から上がってくる
新鋭ではないかと、思いを新たにした
というかね。

照ノ富士だけかもしれない。

ですが、先場所、十両優勝を果たした
逸ノ城など、新鋭はどんどん上がって
きているわけです。

図らずも、照ノ富士、逸ノ城もモンゴル
出身の力士ではありますが、日本人力士
だって、虎視眈々と狙っています。

遠藤は、「安泰」ではないことを、
早く知るべきでしょう。

もう一番、稀勢の里と松鳳山の対戦も
振り返りましょうか。

しかしねえ、あれだけ私が警鐘したにも
かかわらず、観客は、頼まれてもいない
のに、取組前から拍手をする。

この「悪癖」は、私が覚えている限り、
三代目若乃花が引退場所の前半で、
観客から手拍子の応援を受けたのが
発端だと記憶していますが、あれは
観客の優しさがあった。

もっとも、横綱が観客から「優しさ」
を受けているようでは、先は長くない
ですがね。

稀勢の里の場合、観客が「先走って」
いるように思う。

はっきり言いましょう。

迷惑です。

稀勢の里にとってもそうですし、
私も含めた視聴者にとっても同様。

何べん言えば分かるのか?

静かな環境で相撲を取らせることが
稀勢にとっての、横綱への最大の
近道であるということを。

逆に追い込んでいるんですよ、
応援団は。

何度でも言おう。

迷惑です。

今すぐに、やめなさい。

で、肝心の相撲ですが、今日の
稀勢は落ち着いていました。

立ち合い、松鳳山に押されますが、
相手ではありませんでしたね。

すぐに押し返しては、なんなく
押し出した。

ちょっと、一瞬ですが、棒立ちに
なったのは気になりましたが、
まずまずの出だしでしょう。

他にも触れたい一番はありますが、
長くなるので、この辺にしておきます。

上位陣は安泰でした。

それがなにより。

明日も、名古屋は暑いかもしれません
が、熱戦を期待しましょう!

posted by あらやまはじめ at 19:39| 神奈川 | Comment(1) | TrackBack(0) | 照ノ富士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、里山の理にかなった巧さが素晴らしいと感じました。

琴勇き関でしたか、体がデカいが脚がついて行きましたね。

幕でいつか、みたいです。


稀勢の
今でしょうの横断幕は、ファンとしても研ぎ澄ました緊張感をめちゃくちゃに乱すから
止めて欲しいですね。

勢が、かっての寺尾みたいな素早さを生かす力士になりそうで、楽しみです。
Posted by あやたけ at 2014年07月14日 01:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村