2014年07月06日

年に一度の熱田神宮奉納土俵入りに鶴竜が初登場!…名古屋の相撲ファンにもアピールしほしいね

今朝のスポニチの相撲記事は小さ
かったですが、私は見落としません
でしたよ。

横綱鶴竜が、名古屋の熱田神宮で
初めて奉納土俵入りを行ったと。

これ、昨年も私は記事にしましたが、
私も数年前に転勤で名古屋に一年
ほど住んだことがありましてね。

いい思い出ばかりの名古屋で、
鶴竜が沢山のお客さんの前で奉納
土俵入りを行ったこと、大変うれしく
思います。

(ちなみに、昨年の記事はコチラです。
一応、リンクを貼っておきますね。↓)

・熱田神宮で奉納土俵入りですか・・・思い出すねえ、名古屋にいたときのことを
http://sumoarayama.seesaa.net/article/367950270.html

しかし、考えてみれば、雲竜型の
土俵入りは武蔵丸以来ですから、
名古屋の相撲ファンにとっても、
久しぶりに見るんじゃあないです
か、雲竜型は。

こういう点一つとっても、相撲は
奥が深いと思いますね。

年に一度の名古屋場所。

鶴竜には、先場所のリベンジもある、
名古屋のファンに勝って、アピール
してほしいですね。

期待していますよ。


*「大相撲ジャーナル」も結構、面白い
んですよねえ。これも、売り切れ間近
かな? ↓


ラベル:鶴竜 名古屋
posted by あらやまはじめ at 21:16| 神奈川 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 鶴竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不知火と雲竜は以前は、不知火は短命と言われたのでしょうか?

旭富士が、不知火でしたよね。

Posted by あやたけ at 2014年07月07日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村