2014年05月15日

【速報】ただのはたきでないところに、相撲勘の良さを感じますね、遠藤は

今日は、夕方、喫煙中にスマホで
相撲中継を見ていたら、たまたま
遠藤の相撲をやっていました。

他の取組も、途切れ途切れでは
あったものの、3分の1くらいは
見ることができたでしょうか。

ということで、今日は、満を持して
【速報】を出します。

その遠藤ですが、今日の対戦相手は
ベテランの豊ノ島です。

立ち合い、組みとめたい豊ノ島に
対して、遠藤は突き放していきました。

突き放した右手が豊ノ島の首の
あたりに来たときに、たぶん、
豊ノ島が頭を下げてきていること
が、動きの中で咄嗟に分かったの
でしょう。

そこから、思い切ってはたいた。

豊ノ島、たまらず、土俵にばったり
と手を付きました。

通常、引き技を見せると、世間は
「みっともない」といった風潮が
あります。

しかし、私は決してそうは思わない。

流れの中で出る引き技は、当然の
作戦であり、時にそれは芸術にも
なる。

今日の遠藤の引き技は、それに
近い。

ただのはたきじゃないんですよ。

流れの中で、相手の動きをチェック
しているからこそ出た、自然発生的な
はたき。

相撲勘がいいとでも言いましょうか。

昨日の「王道相撲」に続いて、今日の
「芸術相撲」を見せられると、対戦
相手は嫌だろうね。

しかし、我々視聴者にとっては、
「こりゃ、明日も相撲を見なければ」
という気にさせられる。

まあ、私の場合は、そういうきっかけ
がなくても、場所中は毎日見ますがね。

この二日間の相撲を見ても、遠藤の
成長ぶりはめざましい。

明日も楽しみですね、これは。
ラベル:豊ノ島 遠藤
posted by あらやまはじめ at 18:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村