2014年04月16日

「旭天鵬、角界のレジェンドに」って…既にレジェンドでしょう、もう

今日、私はスポニチを購入しましたが、
その9面に小さな、相撲関連の囲み記事
を見つけました。

「旭天鵬、角界のレジェンドに」

夏場所の三日目には、あの高見山
さんを超えて、39歳8ヶ月の、史上
最年長幕内力士となる旭天鵬ですが、
私はこう思いましたね。

「もはや、既にレジェンドでしょう」

とね。

私は、2年前、旭天鵬がまさかの幕内
初優勝を飾った時に、歓喜しましたが、
その時、既にレジェンドになっていますよ。

当時は、レジェンドという言葉がそんなに
普及していなかっただけでね。

幕内出場回数でも、あと95回で魁皇の
1444回を抜きますが、これも時間の問題
でしょう。

こうして見ると、やっぱり、幕内最高優勝
という事実は大きいですね。

高見山さんも一度幕内優勝していますが、
これにより、時のアメリカ大頭領のニクソン
氏から祝電をもらうこととなり、今に至る
までそれは伝説として語り継がれている。

旭天鵬だって、あの場所は白鵬がケガを
して、例外的な場所ではありましたが、
稀勢の里が初優勝をするチャンスでも
あった。

そこをくぐり抜けてねえ、栃煌山との
決定戦を土俵際でのはたきこみで見事に
制した。

あの場面は、忘れ得ぬシーンですよ。

あの時、私は旭天鵬に優勝してほし
かった。

なぜなら、栃煌山には、今後もチャンス
があると思ったからてす。

旭天鵬には、最後のチャンスだと思った。

ですが、その後の数場所を見れば、
旭天鵬は、結構、連勝したりしている。

夏場所からは3横綱です、平幕優勝は
なかなか難しいでしょう。

稀勢の里もいますしね。

でも、だからこそ、旭天鵬の優勝は
もっと、もっと評価されるべきだと
思うんですよねえ。

しばらくは、平幕優勝はないかも
しれない。

だからこそ、旭天鵬の快挙を今一度
正当に評価してほしいですよねえ。
posted by あらやまはじめ at 19:35| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旭天鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村