2014年02月10日

把瑠都、断髪式…これからも、日本とエストニアの友好の架け橋として、頑張ってほしいね

一昨日の話題ですが、やっぱり触れて
おかなければなりません。

元大関の把瑠都が、断髪式を行いました。

突然の引退からしばらく経ちますが、
「もう、断髪式なのか」と感慨深い
ものがあります。

本当にもったいなかった。

膝のケガさえなければ、今頃、横綱に
なっていたかもしれない器でしたよ。

取り口も豪快でねえ。

初優勝したときの涙は、今でも思い出す。

大関から陥落してからは、私はそれ
まで以上に、彼の取組について当ブログ
で語ってきました。

残念ながら、彼は日本国籍を取得して
いないので、今後は親方というよりも、
一民間人として日本とエストニアの友好の
架け橋になっていくとのことです。

いいじゃあないですか。

日本で最も有名なエストニア人です。

第二の人生でも、頑張ってほしいね。

応援してますよ。
posted by あらやまはじめ at 12:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 把瑠都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村