2013年11月14日

【速報】青葉城さんに、ポール・マッカートニーさん・・・土俵外の方が盛り上がっていますよ

今日はスマホでの録画がうまく
いきまして、帰りの電車の中で
大相撲中継の後半の方を聞いて
いました。

音を消して、データ放送の字幕
を見ながら画面をチェックして
いたら、現在来日中で福岡公演
を控えている、ポール・マッカー
トニーさんが見に来ていました
ねえ。

微笑ましい光景でしたが、
果たしてポールさんは、今日
の相撲を見て、何を感じたの
だろうか?

私は、音を消していたからか、
豪栄道をうまい相撲で破った
安美錦くらいしか印象に残り
ませんでした。

どうなんでしょう?

音を消して相撲を見るという
のは。

初めての、やむを得ない試み
であるわけですが、思ったより
悪くない。

より、画面に集中するしね。

つまらない相撲は、本当に
つまらなく感じる。

新たな発見です。

さて、そんな塩梅ですから、
今日はゲストの元・青葉城の
不知火親方を取り上げたい。

昨日の黒姫山さんに続き、
青葉城さんも今場所限りで
定年とのこと。

青葉城さんはねえ、私の地元
の仙台出身力士でしてね。

地元のニュースでは、郷土力士
の星取なんかを毎日紹介する
わけですが、青葉山さんと
並んで青葉城さんは、その常連
でした。

青葉城さんにはねえ、私が小学
5年か6年の頃、仙台準場所で見に
行ったときに、サインももらった
ことがあります。

私は、以前、「鷲羽山さんにサイン
をもらって感動した」という記事
を書きました。

(コチラです。↓)
http://sumoarayama.seesaa.net/article/296516577.html

青葉城さんにサインをもらった
のは、その翌年だったような記憶
がありますが、定かではありません。

その時、青葉城さんは、パイプ椅子
にどっかと座っていましてねえ。

周りにも力士が結構いました。

そこへ、意を決して、少年時代の
私は「サインください!」と、
駆け寄りました。

そしたら、青葉城さんは、私が
差し出したのがノートだったから
か、「いいけど、ノート、腐っぺ
やあ」と、仙台弁で冗談を言って
は、快くサインをくれました。

うれしかったなあ。

本当にうれしかった。

鷲羽山さんもそうですが、笑顔
でサインをくれた力士のことは、
あれから30年以上経ちますが
いまだに忘れませんし、おそらく
死ぬまで忘れないでしょう。

逆に、そっけなくサインを断ら
れた北天佑なんかは、これも
悪い意味で、死ぬまで忘れない。

力士のみなさん、もし、この
ブログをご覧でしたら、少年
少女ファンは大事にしてください
よ、と言いたい。

こうして、30年以上経って、話
を蒸し返されるのですから。

・・・それはさておき、青葉城さん
の功績もここで記しておきましょう。

なにより光るのは、連続出場1630回
です。

これは、いまだに歴代1位の記録です。

現役では、稀勢の里が900回以上の
連続出場を果たして、現役1位です
が、青葉城さんの記録を破ろうと
思ったら、あと単純計算で9年は
かかる。

どれだけ頑丈だったか、というの
が分かります。

今後も相撲界にはぜひ携わって、
願わくば、故郷の仙台で、今は
なくなってしまった「準場所」
の復活をしてもらえるよう、
がんばって頂きたい。

今日の大相撲中継では、ポール
さんの映像がしきりと流され
ましたが、相撲界に関して言えば、
青葉城さんだって、ポールに
負けていませんよ。

長い間、相撲界に尽力頂きました。

青葉城さん、お疲れ様でした。


*青葉城といえば・・・さとう宗幸
さんでしょう! ↓

posted by あらやまはじめ at 19:23| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の名力士たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村