2013年10月01日

【平成25年秋場所総括・幕内編】「視聴率男」の遠藤だけではありませんでしたよ

さて、今日は幕内力士の総括
をしたいと思います。

上から見て行けば、やはり、
東の筆頭の松鳳山、彼はねえ、
今場所よく頑張りましたよ。

二日目に日馬富士を破った時の
涙は記憶に新しい。

この涙に関しては、親方衆から
は「土俵上で、喜怒哀楽を出さ
ない方がいい」という意見も
あったようですが、私は、そう
は思いませんね。

元横綱の朝青龍のように、誇ら
しげにガッツポーズをするのは
見ていてあまり気持ちのいいもの
ではありませんが、苦労の末、
横綱を破り、自然と涙が出るのは
私は、止めることはできないと
思いますよ。

私は松鳳山の涙は「いい涙」
だったと思っています。

東の2枚目の隠岐の海も、千秋楽
に不戦勝という形ではありました
が、勝ち越しました。

彼もねえ、いいものを持っている
若手力士の一人だと認識して
います。

今場所は、稀勢の里を破った一番
が目立ちましたが、豪栄道や栃煌山
といった実力者も破っています。

以前と比べると、上位でも安定
してきたなあという感はあります
ね。

来場所は小結に復帰するでしょう。

ぜひ、思い切りのいい相撲で、
波乱を起こしてほしいね。

そして、やはり外せないのが、
遠藤です。

彼はねえ、相撲界の「救世主」
たらんとしています。

遠藤がもしいなかったとしても、
相撲人気はだいぶ回復してきて
いるなあという実感はあります。

ですが、遠藤がいることにより、
その人気回復ぶりが加速して
いることは間違いない。

今日私が購入した日刊スポーツ
に先週のテレビ視聴率一覧が
載っていましたが、大相撲中継
の視聴率を下記に記します。

・11日目・・・14.7%(8位)
・12日目・・・14.2%(12位)
・13日目・・・13.1%(18位)
・14日目・・・14.8%(7位)

14日目で白鵬の優勝が決まり
ましたので、千秋楽の視聴率
は30位圏外となりましたが、
私はここ数年相撲中継の視聴率
をチェックしていて、初めて
ですよ、20位以内に4つも入る
というのは。

これはねえ、遠藤の功績が大きい
と思いますよ。

もっとも、14日目に遠藤は休場
してしまいましたが・・・。

でもねえ、これも見方によっては
「無理をして、翌場所に引きずら
ない」という、遠藤の意思が見え
ます。

無理して14日目と千秋楽に相撲
を取ったところで負けるのは
分かっている。

であれば、症状が軽いうちに休場
して、来場所に万全の状態で備え
た方が、遠藤もいい相撲が取れる
だろうし、ひいては、相撲ファン
も喜ぶ。

視聴率も上がるでしょう。

まあ、そこまで考えて休場をして
いるわけではないとは思いますが、
彼の存在は相撲協会にとっても
大事です。

もはや、相撲界全体で考えなけ
ればならないだろうね、彼に
関しては。

もっとも、それで八百長を助長
するようなことがあってはなり
ませんがね。

十両以下では、やはり大砂嵐
でしょうか。

今場所東の4枚目で10勝ですから、
来場所は新入幕が濃厚です。

今場所の彼の取り口はほとんど
見ていませんが、十両の上位で
これだけの成績が挙げられると
いうことは、幕内下位に入って
もそれなりに相撲は取れるので
はと思います。

ぜひねえ、遠藤と、いい意味で
出世争いをしてほしいと思います
ね。

最後に、すみません、幕内でもう
一人触れたい力士が残っていま
した。

西の13枚目で10勝を挙げて、完全
復活した豊真将です。

勝ち越した後、彼も涙を流した
ようですが、ケガとはいえ、十両
の下位まで落ちながら、よく頑張っ
てねえ、戻ってきましたよ。

こういうのは、一相撲ファンと
してうれしいね。

来場所は幕内中位まで上がって
くるでしょう。

彼の相撲はねえ、見る者に爽快感
を与えてくれる。

来場所は難しいかもしれませんが、
ぜひ、早く私が毎日見ている後半
戦で相撲を取ってほしいなあと
思いますね。

・・・長くなりました。

総括は以上です。

明日、明後日には、新入幕、新
十両の力士が発表されるでしょう。

また、可能であれば、ブログアップ
したいと思います。

今場所も、当ブログをご覧頂き、
ありがとうございました!

来場所までの間、また、機を見て
記事をアップしたいと思います
ので、引き続きよろしくお願い
いたします!


*まだ、発売されていることが
分かりましたよ、これ! ↓


posted by あらやまはじめ at 21:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村