2013年08月01日

ケガをしても、もう話題にもならないのか、把瑠都は?

さみしいね・・・。

昨晩、私はYAHOOニュースで
「把瑠都、夏巡業を休場」という
記事を見つけては、当ブログでも
「把瑠都よ、自分の口で説明
しなさい」といった思いを書き
ました。

今日、私が購入したスポーツニッポン
を見てみると、把瑠都の記事が
どこにも載っていない。

・・・いや、載ってはいました。

しかし、10面の下の方に、わずか
7行です。

デカ字の見出しもなし。

まあ、この時期、相撲の記事は
なかなか大きなニュースになら
ないことは分かっていますが、
この扱いはないでしょう。

もう、幕下に落ちても関係が
ないのか、把瑠都は。

悲しいねえ、こういう扱いは。

初優勝のときには、あれだけ
大きく記事を書いたじゃあない
か?

やっぱり、把瑠都は自分で説明
して、大きな記事を勝ち取ら
ないとだめですよ。

このままじゃあ、完全にフェード
アウト。

だれも気にしない。

本人が騒がれるのが嫌なら、それ
でも仕方がありませんが・・・。

大関、もとい、元大関ですよ。

協会の看板力士。

大関を陥落したら、この扱いです
か?

把瑠都同様、マスコミにも納得
がいきませんよ、このままじゃ。


ラベル:把瑠都
posted by あらやまはじめ at 21:28| 神奈川 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 把瑠都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつて栃赤城や騎乃嵐など横綱、大関キラーだった力士がケガで糞みたいな地位まで急降下したように大相撲は実力社会。把瑠都がいくら昨年の秋場所で大関だったからといっても、ケガで十両落ちれば往年の栄光も紙屑のように破り捨てられる。むしろ、過去にも少なくなかった横綱の連続休場がもし大関だったらどこまで番付を下げていたのかということも思い知るだろうね。
Posted by at 2013年09月10日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村