2013年05月26日

【速報】見事に土俵を締めた白鵬と36代木村庄之助に、私は感謝申し上げたい

今日の午前中、私は当ブログで「北の湖理事長は余計なことを言うな」と苦言を呈しました。

稀勢の里の耳にもおそらくは入っていたであろう、理事長の「14勝すれば、来場所は綱取り」発言。

これが、今日の取組にどう影響を与えたのか。

稀勢は平常心ではいられなかったはず。

琴奨菊戦の立ち合い、頭は低くいい感じで当たったように見えました。

しかし、今日の立ち合いに関して言えば、琴奨菊は、今場所一番と言っていい、見事な立ち合いでした。

確かに、稀勢の腰は高かったですが、今日の相撲に関して言えば、琴奨菊を褒めるべきだと思いますよ。

最後の最後に存在感を見せた琴奨菊を素直に褒めましょうよ。

この時点で白鵬の25回目の優勝が決まったわけですが、横綱はねえ、なんというか、土俵を締めますなあ。

ともすれば、気が抜けてもおかしくない日馬富士との一番でしたが、10回目の全勝をなんとしても成し遂げる、さらには、今日が最後の土俵となる立行司の36代木村庄之助の前で無様な相撲は取れないと思ったのか。

日馬富士を圧倒し、見事な全勝優勝。

聡ノ富士の弓取りが終わり、庄之助が引き上げると、花道で同じ所属の鶴竜と共に、白鵬は花束を持って、待っていました。

いい光景でした。

白鵬と庄之助のおかげで、千秋楽の土俵が引き締まりましたよ。

その白鵬、優勝インタビューでは、NHKのアナウンサーが稀勢の里との一番に話題をふったところ、なんと、「来場所は綱取りですから、応援してやって下さい」と、稀勢にエールを送りました。

こういう横綱はかつていましたかねえ。

相撲界全体のことを考えているが故の稀勢へのエール。

しかし、そこには、「まだまだ、主役になるのは早い」とでもいいましょうか、白鵬の矜持のようなものも垣間見えて、興味深い。

エールを送られるうちは、まだまだ、と稀勢は身を引き締めなければなりませんよ。

でもまあ、白鵬が稀勢の力強さを感じていることだけは間違いなく、来場所以降も一番のライバルになるであろうことが、今日のインタビューでよく分かりましたよ。

でなければ、ここまでしゃべらないでしょう。

最後の最後は横綱が見事に締めました。

今場所の総括は明日以降、順を追って、何回かに分けてやろうかと思っています。

今場所は見るべきところが多い場所でもありましたからね。

最後に、36代木村庄之助には、長い相撲人生、お疲れ様でした、と労いたいね。

一度も休まず、土俵に上がり続けた。

行司がいなければ、相撲は成り立ちません。

お疲れ様でした。
posted by あらやまはじめ at 19:12| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村