2012年12月29日

「大相撲この一年」を見て、あらやまも「今年のMVP」を選んでみました!

今日の夕方、NHKで「大相撲この
一年」を放送していましたが、
私はハムスターのケージの掃除
をし、娘にそろばんを教えながら
見ていました。

面白かったねえ。

なにしろ、解説陣が北の富士さん
に舞の海さん、そしてデーモン
閣下。

一癖もふた癖もある解説陣で、
まあ、笑わせて頂きましたよ、
年の瀬に。

しかしねえ、これを見ていて、
私も「今年のMVP」を選びたく
なりました。

どうでしょう。

世間的には、横綱に昇進した
日馬富士を推す人が多いかと
思われますが、私は今年に限って
言えば、この人を推したい。

今年のMVPは・・・(音楽がここで
流れます)。

旭天鵬関です!

やっぱりねえ、今年私がほぼ90日
間、相撲を見てきて、一番感動
したシーンは、旭天鵬が土俵際で
栃煌山を引き落としで破った、
夏場所の優勝決定戦、そして、
その後、花道を下がるときに、
その旭天鵬を涙涙で迎えた彼の弟
弟子たちの姿を見たシーンですよ。

今日の放送では、その旭天鵬も
ゲストで来ましたが、彼が言う
には「弟弟子たちが泣いているの
を見て、私も泣けてきた」と。

弟弟子が泣くくらいに慕われて
いるのは、あなたですよ、と
私は旭天鵬に言いたかったねえ。

カテゴリーでも彼の記事は結構
書いていますので、よかったら
ご覧ください。↓

http://sumoarayama.seesaa.net/category/15022386-2.html

また、土俵外では八角親方が広報
部長として、広く活動している姿が
今日の放送でもありましたが、本当
に頭が下がりますねえ。

こういう地道な活動が、将来の
相撲界の繁栄につながっていく
ことを私は期待しています。

もっとも、今日の放送でも
「若貴全盛期と比べて、観客
動員数がどうのこうの」とあり
ましたが、もうねえ、いい加減、
若貴時代と比べるのはやめま
しょうよ。

私も35年以上相撲を見てきて
いますが、あんなに人気があった
のはあの時代だけ。

「バブルの再現」は期待しない
ほうがいい。

八角親方等の尽力もあり、力士
たちのファンサービスも、私が
子供の頃と比べれば、各段に
上がってきていることは明らか
です(私は小学校のとき、仙台
準場所で、北天佑にサインを
断られたこと、そして、鷲羽山
が「坊や、サインしてあげよう
か」とサインをして慰めてくれた
こと、30年以上経った今でも
忘れていません)。

ひとつひとつの積み重ねが大事
です、何事も。

年が明けると、すぐに初場所が
始まります。

来年はどんなドラマが生まれる
のか、相撲ファンとして、期待
したいものです。
ラベル:旭天鵬
posted by あらやまはじめ at 20:03| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 旭天鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
臥牙丸に上手投げで初日がでた
Posted by ゆるりす at 2013年01月15日 21:06
ゆるりす 様

臥牙丸関のファンの方ですか?

コメント頂き、ありがとうございます。
Posted by あらやまはじめ at 2013年01月15日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村