2012年11月25日

【速報】楽日も手を抜かず、土俵を締めた白鵬に拍手を送りたい

昨日、優勝を決めた白鵬ですが、今日もし日馬富士に負けるようなことがあれば、私は「日馬に情けをかけるな」と危うく声を上げるところでした。

もっとも、それは杞憂に終わり、白鵬は厳しい相撲で日馬を一蹴し、14勝1敗で23回目の優勝に花を添えました。

優勝インタビューでは、モンゴル語で「家族へのメッセージ」と称して、「国と国も仲良くやろう」と、世界平和についても語るなど、力士として、いや、人間としての器の違いを見せつけました。

今日は力士にとっては、一年で最後の本場所の土俵です。

立派に綱の責任を果たし、土俵を締めてくれた白鵬。

まだまだ、「第一人者」ですよ。

相撲ファンの一人として、素直に拍手を送りたい。

ありがとう、横綱。
ラベル:白鵬 日馬富士
posted by あらやまはじめ at 18:22| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鵬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック






「いいね!」はコチラ!↓


にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村